●No.006



「日本盆栽net倶楽部通信」
http://tsudabonsai.tripod.co.jp/

津田 豊隆さん

滋賀県中主町

 初心者の悩みに確かな答え
 「挿し木をしたが、根がついたか確かめる方法は?」「段々と枯れてきた。どうしたらいいか」。枝の形が作り出す独特の空間美が静かなブームを呼んでいる盆栽。だが、いざやってみると、どうしていいか分からないことが多い。そんな悩みに答える「盆栽Q&A」が人気のメールマガジンだ。「ありがたいことに、初心者の問い合わせが多いです。これをきっかけに1人でも、多くの人が盆栽に触れ、楽しんでもらえたら」という。
 中主町で盆栽園を経営している。盆栽好きだった父の影響を受け、小学4年生ごろ、鉢と樹木のコントラストに、すごい芸術だと開眼したという。中学卒業後、愛知県の名門・盆栽園で6年間修行をして、故郷で盆栽園を開いた。
 当初、店を紹介するホームページを開いたが、盆栽の総合サイトが当時、見当たらなかったことから、「日本盆栽net倶楽部」を2000年に開設した。盆栽に関する質問が掲示板に多く寄せられたことに加え、掲示板を利用できない人にもQ&Aを読んでもらおうと、メールマガジンを01年に発行した。「2、3人の利用があれば」と思っていたそうだが、今では700人の読者を持つ。
 メルマガには全国各地で開かれる盆栽展情報も紹介している。「盆栽には『難しい』『堅い』『年寄りくさい』という固定観念があるけれど、見てもらうと、何かを感じてもらえるはず。人よりも長生きだし、形に終わりも完成もない芸術なんです」。学生から「盆栽園を職業にしたい」という問い合わせも寄せられているといい、「ずっと発行を続けていきたい」とほほえんだ。

2003.2.18

▲もどる▲