●No.021



「世界の旅−World Wide Walking−」
http://www.elmund.com/mailmag/

ゴンザレス榎本さん

京都市上京区

 現地情報をリアルタイムで
  ニューヨークの地下鉄のチケット「トークン」の販売中止、夏の旅行予約の動向‥。海外旅行、特に個人旅行で出かける際、最も知りたいのは地元の生の情報だ。京の旅行会社が、ガイドブックよりもリアルタイムで、旬の情報を選んで週刊で届けている。
 内容は「旅の最新ニュース」「爆笑!空の上の珍事件」「秘伝!海外危機管理術指南」など8項目。発行元の旅行会社は、約30年前から個人旅行を中心に航空券販売や海外のホテルの手配などを手がけてきたが、「海外旅行の楽しさをもっと広めたい」と昨年からメールマガジンの配信を始めた。
 社員が執筆、営業課長がペンネームで編集に当たっている。海外旅行歴の長い社員が多く、編集長の榎本さんも18年間で30カ国を訪れた。メールマガジンでは、自分の経験をベースに、各国の政府観光局の情報や旅行会社の専門情報を紹介している。「商売は二の次」にして、会社主催のツアー紹介などはいっさいせず、専門ガイドに徹している。
 バックパッカーの一人旅で「旅の楽しさ」に開眼した榎本さんにとって、残念に思うのは、「テレビ番組を見て、そのまま同じコースをたどるなど追体験型の旅行をする人が多い」こと。「旅行はハプニングの連続。もっと自分らしい旅をしてほしい。何がしたいか、どんな目的で訪れるかを考えてほしい」という。これまでヨーロッパの話題が多かったため、今後はアジア、中南米、アフリカなどの情報を増やしていくという。

2003.6.24

▲もどる▲