●No.056



「建築屋さんはうんと近くに」
http://www.bci-web.jp/melmaga-syoukai 

西川真悟さん 岩本りかさん 井川奈緒子さん

滋賀県志賀町

  家の新築、改築する人の立場で丁寧なアドバイス
 家を建てようと考えて、住宅展示場に足を運ぶ人は多いだろう。まずは情報収集からと。だが「その時点であなたはすでに住宅メーカーの戦略に乗せられています」と、どきっとするような警告で始まるのがこのメールマガジン。
 西川さんたちは、店舗や住宅の設計から看板作りまで、頼まれればなんでもこなす「町の建築屋さん」。「こんな家がほしい」「この材料を使って」。相談から施工、数年後の改築まで、あらゆる注文に丁寧に向き合い、顧客の思いを形にしていく。
 日本では大手メーカーの「既成の家」を買う人が多いが、営業から施工まで完全に分業になっているので、自分の希望が伝わりにくい。時には不要な工事をしてしまったりして「割高な」家を買う羽目にも。「もっと身近な、その人の街や生活をよく知る専門家に頼めば、より『その人に合う家』ができるのに」。そのためにも「建築屋の存在を身近に感じてもらおう」と2003年6月、メルマガを創刊した。毎回、住宅や建築に関するトピックスを取り上げて「住みやすい家」「必要な家」を提言する。
 執筆は3人で分担。「建具が家の表情を表す」「未完成部分を残して将来への対応性を」など西川さんの硬派のコラムをベースに、岩本さん、井川さんが「水回りのバリアフリー」「洗面室をあこがれのパウダールームに」などワンポイントをアドバイスしており、読み物としても楽しめる。「その人に合う家は千差万別。計画段階から自分の考えをしっかりと持ち、本当に『自分に合う家』を探してほしい」と西川さんは力説する。

2004.04.06

▲もどる▲