●No.083



「京都ラーメン紀行」
http://www2s.biglobe.ne.jp/~itoufam/mailmagazine.htm 

伊藤 保さん

京都市伏見区

  おいしいラーメン店を10項目で評価
 週に1回はラーメンを食べに出かけ、多い時には2日で5軒回るという自称「ラーメン評論家」が配信するメールマガジン。京都市内を中心に、宇治市や向日市、久御山町など近郊都市にも足を伸ばし、訪れた店について「麺(めん)の太さ」「スープの質」「店の衛生状況」といった10項目での評価を掲載している。本業がホテルマンだけあって、「店員の技術・マナー」「注文から出てくるまでの時間」にも厳しい目を向けている。「いい店、はやる店には、お客に気持ちよく過ごしてもらおうという心意気がある。看板を磨いているか、駐車場にごみがないか。店に入る前には、そこから見ますね」。
 創刊は、2000年4月。地方から出てきたばかりの学生向けに「すぐ食べられるおいしいラーメン屋」を紹介しようと始めた。学生に役立ててもらうことが前提なので「夜9時以降も営業しているか」「600円以下で食べられるか」が掲載の基準。当初は、週1回配信すれば1年余りで京都市内分は紹介しきれるだろうと考えていたが、「この5年ほどで驚くほどラーメン店が増え、いくらラーメン好きでも追いつかないほど。リストラ、脱サラ組が店を開くケースが多いらしいから、これも不況の影響でしょうか」と話す。
 「安価でおいしく、おなかいっぱいになるラーメンは学生の食べ物。学生街にはラーメンファンも多い」とみるように、メルマガの読者も学生を中心に4年半で約750人に倍増した。今後は、キャンパス移転で学生が増えた滋賀県版のメルマガも発行する予定だ。

2004.10.26

▲もどる▲