●No.087



「『2時間勉強法』で難関突破!」
http://www15.ocn.ne.jp/~kcon/dragonzakura.htm 

筒井 克晶さん

加茂町

  短時間で効果を上げる受験勉強法を紹介
 「2時間」は、私立中学、国立大学と2度の受験に成功した作者が自身の経験の中で感じた「勉強への集中力が持続する時間」。「2時間を20分、50分、50分に分け、最初の20分間で暗記などの単純作業。脳の働きを柔軟にした後、2科目勉強する。高校の授業に合わせて50分刻みにした方が集中力が途切れない」「問題を解いた後は、じっくりと解説を読む。問題を多くこなすより1つの問題から多くの内容を吸収する方が効率的」など有効な時間の使い方、勉強法を紹介している。
 メールマガジンを創刊したのは「受験、受験とひた走り、気がつけば人生について考えることがないまま大人になってしまった。そんな自分のような子どもを増やしたくなかったから」。昨年11月に長男が生まれたことも、その思いを強くするきっかけとなった。「自分が何になりたいのか、どんな生き方がしたいのか。今の子どもたちには、受験勉強のための時間を減らして自分に向き合う時間をつくってほしい。そのために、短時間で効果を上げる勉強法を提案できれば」。
 今年8月に創刊。受験シーズンが近づくにつれて読者が増え、3カ月目となる今月には約700人に倍増した。主に受験を控えた小中高生、資格取得用の勉強をする社会人を対象に発行しているが、今後は受験生を持つ親向けのメルマガも出したいという。「やりたい仕事、なりたい自己像。子どもなりの人生ビジョンに耳を傾けた上で、それを実現する方法を一緒に考えてあげてほしい。夢をかなえるツールとして勉強を位置づけられれば、受験勉強で力尽きる子どもはいなくなるはず」。

2004.11.30

▲もどる▲