The Kyoto Shimbun
取材ノートロゴ

育児女性の再就職支援 雇用形態、柔軟に工夫を

南部支社・小坂綾子
開設3年がたったハローワーク宇治のマザーズコーナー(宇治市宇治)

 働きたい母親の就職を支援するハローワーク宇治の「マザーズコーナー」が、開設から3年たった。育児を経験したスタッフの親身なアドバイスが好評で、利用者数や就職者数が伸びている。しかし、正社員としての採用は1割ほどで、出産前のキャリアを生かせない人も多い。母親たちが力を十分に発揮するには、社会全体の就労形態を見直さなければならない。

 マザーズコーナーは、厚生労働省の育児女性の再就職支援の一環で、2008年6月に開設された。3年間の新規の求職者数は1456人で、年々利用が増加。求職者の約4割が就職を決めている。

 しかし、正社員で採用される人は「月に2、3人。全体の1割あるかどうか」(同ハローワーク)。ネックは勤務時間で、正社員だと条件に「残業」がつく。採用が決まるのは、ベビーシッターなどを利用し、保育園の閉園後も子どもをみてもらう手段を確保できる人ばかり。育児の時間をつくるため定時勤務を望めば、非正規雇用しか選べないのが現状という。

 「子育て中に正社員を希望するのは勇気がいる。最初からあきらめる人も多い」と話すのは、育児経験を生かしてあっせんに汗を流すマザーズコーナーの女性スタッフ・高井まさるさん(51)。「子どもの手が離れたら」と希望する人も年齢制限にひっかかり、非正規雇用となってしまうケースがほとんどという。

 「さまざまな能力やキャリアがあるのに、生かせる仕事に就けない人がたくさんいる。もったいない」。高井さんは、そうこぼす。生活者の半数、消費者の半数は女性である。固定観念にとらわれずに雇用形態を工夫すれば、企業はもっと母親たちの眠っている才能を生かせるはずだ。

 例えば、フルタイムでなくても、正社員として専門的な仕事をこなす。そのような働き方は難しいだろうか。

 記者自身はこの半年間、いわゆる「パートタイム正社員」として働いてきた。1月に育児休業明けで職場復帰し、昨年から会社に導入された時間短縮制度を利用した6時間勤務だ。

 職場復帰にあたっては、「きちんと仕事がこなせるか。周囲にしわ寄せがいくのではないか」とずいぶん迷った。けれど、働く母親から「制度はあるのに、利用できる環境にない」という声を耳にするなかで、制度を使うことで多様な働き方ができる社会につなげたい、と思った。

 前例が少ない中で葛藤や不安を抱えつつ、上司や同僚と相談しながら「時短記者」の働き方を少しずつ探る日々。取材先には「正社員で、しかも新聞記者なのに時短?」と驚かれ、今の日本においては恵まれた環境なのだと実感する。しかし、育児の時間を確保しながら正社員で働くことを「特別」にしてしまってはいけない。

 長時間労働が常態化する一方で、職のない人があふれる今の日本社会。就労時間に関係なく正社員として働ける環境が整えば、育児女性だけでなく多くの人に再就職の道が開けるだろう。残業常態化を強いられている男性や独身女性の働き方が見直され、子どもの有無にかかわらず、効率よく柔軟な働き方ができる社会になることを願ってやまない。

[京都新聞 2011年8月3日掲載]

▼前の記事取材ノートからTOP次の記事▲

各ページの記事・写真は転用を禁じます
著作権は京都新聞社ならびに一部共同通信社に帰属します
ネットワーク上の著作権について―新聞・通信社が発信する情報をご利用の皆様に(日本新聞協会)
電子メディアおよび関連事業における個人情報の取り扱いについて
記事に対するご意見、ご感想はkpdesk@mb.kyoto-np.co.jp
京都新聞
京都新聞TOP