The Kyoto Shimbun
取材ノートロゴ

自民党総裁選を終えて 人気頼みの政治、脱却を

東京支社 小川卓宏
自民党総裁選を終え「前総裁」として記者団の取材を受ける谷垣氏(9月26日、東京都千代田区・自民党本部)

 自民党総裁選は、前総裁の谷垣禎一氏が立候補を断念する中、地方の人気が高い石破茂氏が先行し、同僚議員には石破氏より人気のある安倍晋三氏が決選投票で新総裁に選ばれた。ほぼ全候補が谷垣路線の継承を訴えていただけに、谷垣氏でダメだった理由は「人気が低い」ことくらいしかないようだ。

 そこで、以前「リーダーシップや人気がないのでは」と谷垣氏に失礼な質問をした時のことを思い出した。

 谷垣氏は、怒りもせず「たたける相手をつくり、さんざん罵詈讒謗(ばりざんぼう)を浴びせる手法(のリーダー)が多くなっている。そういう方向に走ろうという誘惑を少しコントロールする必要がある」と答えた。「強さ」や「人気」をリーダーに求める世の雰囲気の中、国民受けするリーダー像を疑問視する姿勢が、強く印象に残っている。

 実際、谷垣自民党は消費税10%増税や、自衛隊を国防軍とする憲法改正案など、賛否両論あり「国民受け」のしない政策を次々と打ち上げた。

 しかし、任期3年の最後に「地方で人気がなく、党内支持も広がらない」と、部下の石原伸晃前幹事長を推す勢力の理解が得られず、総裁選から身を引いた。結局「人気」の前に屈したかにみえた。

 次期衆院選では自民党の優勢が伝えられ、同時に「自民党は再び政権を委ねられる党に変わったのか」と世間は注目する。政官業の癒着など批判を浴びた党の体質は「変わってきている」とは思うが、変わっていないのは「選挙に勝つため『人気』にすがる体質」ではないか。

 その体質は、谷垣氏の立候補断念の一因として現れ、人気者の小泉進次カ氏の要職起用論などが人気にすがりたい政治家たちからわき起こった。橋下徹大阪市長率いる日本維新の会に駆け込む国会議員たちもその典型だ。

 自民党の後退は、超人気者の小泉純一郎氏をトップに据えた時から始まったとされる。続いて人気のあった安倍氏、長く官房長官を務め知名度の高かった福田康夫氏、インターネット上で人気の麻生太郎氏と1年おきに首相は代わり、「増税せず高福祉」という政策を掲げた民主党に政権は移行した。

 公約破綻と与野党対立激化による「決められない政治」も相まって、政治不信は深まったといえよう。こんな人気頼みの政治は変えてほしい。

 政治家が大衆の人気を集めるため「パンとサーカス」を振る舞って没落したローマ帝国の事例は有名だ。政治家が追求するのは「人気」ではない。国家像や歴史観に裏打ちされた政策である。

 本当に必要な政策なら、人気を落としてでも丁寧に国民の理解を得ていく努力が必要ではないか。人気にすがらねば当選できない政治家に、日本が直面する課題を解決する能力があるとは思えない。

[京都新聞 2012年10月3日掲載]

▼前の記事取材ノートからTOP

各ページの記事・写真は転用を禁じます
著作権は京都新聞社ならびに一部共同通信社に帰属します
ネットワーク上の著作権について―新聞・通信社が発信する情報をご利用の皆様に(日本新聞協会)
電子メディアおよび関連事業における個人情報の取り扱いについて
記事に対するご意見、ご感想はkpdesk@mb.kyoto-np.co.jp
京都新聞
京都新聞TOP