■ゲーム機 撃ち落とせ

 パン。パン。乾いた音が子どもたちを呼び止める。片方の目をつぶってガンマン気分。狙ったお菓子を撃ち落とす。

 初詣でにぎわう京都市東山区の八坂神社。かいわいには多くの出店が並ぶ。懐かしい射的にも人だかりができている。

 「大物」のゲーム機を狙うと痛い目にあう。コルクの弾ではなかなか動かない。ようやく倒れてはしゃいでも、出店のおばちゃんに「台から落とさなあかんわ」と言われる。

 「落とすまでやる」。小さな男の子はあきらめられない。泣きそうな顔に父親の財布のひももゆるんだ。「もう一回だけやで」。さぁ、男の子はゲーム機を手に入れられるのだろうか。


前の記事あのころ ちかごろ top次の記事