■熟年男女 情熱のダンス

 ワルツが流れる。熟年の男女が手を取り合った。くるり、くるり。シャンデリアは美しい陰影を投げかける。優雅な踊りを引き立てる。

 四条大橋の北東にあるレストラン菊水(京都市東山区)。大正十五年の建造時の姿を残す宴会場で月に一度、「菊水ダンスクラブ」が夜会を催す。

 会長の津田光茂さん(79)は「大学時代に覚えたダンスがいい運動になる」と笑う。戦後、社交ダンスは若者の人気を集めた。ディスコの登場で流行は移り変わったが、今ではかつての若者たちが老化防止などを理由に親しんでいる。

 情熱的なタンゴが始まった。年齢を重ねても、リズムに乗って顔が輝く。夜はまだまだ終わらない。


前の記事あのころ ちかごろ top次の記事