あのころ。近所のおばちゃんがおすそ分けを持ってきた。あちこちに秘密基地があった。おじいさんが軒先で日光浴をしていた…。写真報道部の松村和彦が京都の街で懐かしい「あのころ」を探します。

魚屋の仕出し、客の要望に応え
[2012年5月2日掲載]
思い出の詰め襟、別れゆく
[2012年4月4日掲載]
名曲喫茶、思い出呼び起こす
[2012年3月7日掲載]
どんどの炎集落に歓声呼ぶ
[2012年2月1日掲載]
畳屋の技術、伝統伝えたい
[2011年12月7日掲載]
正座が生みだす書躍動
[2011年11月2日掲載]
江戸期の芸商人になりきる
[2011年10月5日掲載]
夏祭り、学校なくても住民つなぐ
[2011年9月7日掲載]
少年の胸高鳴るザリガニ捕り
[2011年8月3日掲載]

バックナンバー

京都新聞 各ページの記事・写真は転用を禁じます
著作権は京都新聞社ならびに一部共同通信社に帰属します

ネットワーク上の著作権について―新聞・通信社が発信する情報をご利用の皆様に(日本新聞協会)
電子メディアおよび関連事業における個人情報の取り扱いについて
記事に対するご意見、ご感想はkpdesk@mb.kyoto-np.co.jp