Kyoto Shimbun


環境を考える
淡水魚の放流

 教育活動や水産事業として行われている淡水魚の放流のあり方について、近年、研究者や自然保護関係者の間で議論がわき起こっている。これまで広く行われてきたメダカなどの希少淡水魚やイワナなど渓流魚の放流が、地域固有の生態系に悪影響を及ぼす恐れがあると指摘されているのだ。淡水域の自然保護はどうあるべきか。放流の問題点と課題を探った。(社会報道部 目黒重幸)

生態系に悪影響も
自然保護めぐり議論沸騰

 「自然を取り戻そうという善意の放流であっても、本来の目的と違った結果をもたらすことがある」。淡水魚の生態に詳しい京都大理学研究科の渡辺勝敏助教授は放流がはらむ危険な一面を指摘する。

 「事前調査など必要」

 例えば、一見同じに見えるメダカでも、北日本、南日本、関東など地域ごとに遺伝子も形も異なる。この違いを考えずに放流すれば▽交雑することで在来種が自然消滅する▽えさや住みかが競合する結果、在来種が駆逐されてしまう▽病気を持ち込む−などの問題を引き起こす恐れがあるという。

写真
滋賀県の渓流最上部で在来イワナの捕獲調査をする県水産試験場醒井養鱒分場の技師ら(醒井養鱒分場提供)
 固有集団に変化も

 渡辺助教授らのグループは昨年、滋賀県東部のわき水地帯に生息するトゲウオ科の淡水魚ハリヨを調査し、気になる現象を見つけた。遺伝子解析の結果、水系の違う岐阜県のハリヨの特徴を持った個体が見つかったのだ。人為的な放流によって、地域固有の集団に変化が起きている可能性があるという。

 「本当の自然保護は、長い歴史に育まれた地域固有の自然を守るということ。放流は一切だめという訳ではないが、放流の前に魚の生息状況の調査や生息環境の保全など、やるべきことは山ほどある」と渡辺助教授は力説する。

 ガイドライン作成

 現在、日本魚類学会が淡水魚放流のガイドラインを作成中だ。六月に開かれた同学会主催のシンポジウムで▽異なる水系の魚やペットショップから購入した魚は放流しない▽同じ水系でも、魚を放流することが本当に自然環境のためになるのか十分検討を−などガイドライン骨子が示された。

 一方で、漁協が釣り人のために行うイワナやアマゴの放流など、水産事業にも近年検討が加えられつつある。

 「これが試験的に飼育してる琵琶湖周辺の在来イワナです」。滋賀県米原町の県水産試験場醒井養鱒分場。亀甲武志技師の手の上で、体長約十センチ、体側に青いだ円と白いはん点の浮かんだ幼魚が跳ねる。

 滋賀県内の主な漁協は長年、醒井養鱒分場が育てた他県産ルーツのイワナやアマゴを放流している。その結果、放流河川で他県産イワナの遺伝的特徴を持つ養殖イワナが優先的に川を占め、在来イワナは山奥の最上流部に追いやられた。亀甲技師は山に分け入って在来イワナの遺伝子を調べ、河川ごとに違うイワナの特徴を洗い出している。

 妥協策の提案も

 「生態系のことを考えれば、放流しないのが一番いい」と亀甲技師はいう。しかし、漁協には法律で魚の増殖が義務づけられており、放流は避けて通れない。「妥協策だが、地域固有のイワナが住む最上流部は禁漁にして保護し、下流部の釣場にはできるだけ滋賀県の在来種に近い種苗を放せないか」と提案する。

 環境破壊が進み、淡水魚の生息環境は悪化する一方だ。人間と魚はどのようにつき合っていけばいいのか。放流を巡る問題は、魚とかかわるあらゆる人たちに、新たな問いを投げかけている。(2004年8月10日掲載)


◇INDEX◇