メニュー
 京都新聞は、観光都市京都のパワーアップを目指して企画「観光・京都おもしろ宣言」をスタートさせました。人々の価値観はいま、物の豊かさから心の豊かさに移りつつあります。京のまちは伝統、歴史、自然環境と、どこを取っても格別な魅力をたたえてきました。京都新聞はそうした魅力に光を当て、京都を元気にする紙面を多彩に展開するとともに、フォーラムやイベントの開催、伝統文化体験の案内など、さまざまな「おもしろ」企画を発信していきます。

尊敬されるまちの哲学を

都市力と文化 バランス大切

雑誌「上方芸能」代表・木津川計さん

「京都は静かなまち。能や京舞など芸能にもその特徴は現れている」と話す木津川さん

 「京都の美しさは都市部を流れる鴨川の水に象徴される」。雑誌「上方芸能」代表で、立命館大を3月末に退職する木津川計さんは、京都を「静かで、関西三都では最も品格のある都市」と評価する。一方で、街の景観が破壊され、京都らしさが失われていることに危機感を抱き、「尊敬されるまちであるための哲学が必要」と話す。


 大阪から立命館大学に20年間通い、京都は静かな都市だなと思う。50音で表現すると、京都は「はひふへほ」。はんなりとした都市性を持ち、ひんやりとした水、ふっくらとした東山がある。「へぇ、おおきに」という京都弁、ほんのりしたイメージ。ひらがなの柔らかい雰囲気の都市性を持つと思う。

 ほかの関西の都市では、大阪は「ばびぶべぼ」。がめつく、ドケチで、ド派手。濁音がつく都市性といえる。神戸は「パピプペポ」。半濁音が持つ弾んだイメージがある。若々しくフレッシュな街だ。

 都市が持つ品格「都市格」は、文化の蓄積、景観の文化性、発信する情報の3つで決まると私は思う。いずれの条件も満たす京都は、関西三都で最も格があるといえる。町中に多くの文化財を有する社寺があり、数百年の歴史を持つ華道、茶道などの本場である。

 ただし最近、景観の文化性という点では危機を感じる。この20年間で街の風景が、大きく変わったからだ。

 <京都では1988年に高さ制限が60メートルに緩和され、94年に京都ホテルが建設された。97年には京都駅ビルが完成。近年は不況で室町などの繊維業者が減り、跡地にマンションが次々と建設されている。>

 高層ビルが林立する大阪が「見上げる街」、対して六甲山からの眺めが美しい神戸は「見下ろす街」と言える。対して京都は目線の高さで見る「見回す街」だった。これは五山送り火を町中から見られるようにという京都人ならではの配慮だったと思う。だが、京都も大阪のように「見上げる街」となってきた。

 京都の町の特徴はやすらぎを抱かせること。ならば神社、仏閣を残せばいいのか。その点で、大阪城があしき先例として挙げられる。最盛期には約400万人が訪れたが、近くにツインタワービルが建設されたことで100万人余りに激減した。大阪の街を眺めようと天守閣に登ると、タワービルから逆に眺められる。魅力が減ったわけだ。静かな場所にあってこそ、社寺も生きる。全体として景観を保存することは京都の重要な産業である観光という視点からも重要だ。

 都市の情報発信力は大事だ。大阪のイメージは「阪神・たこ焼き・吉本」。でも大阪は元禄時代から文化の中心地で今も伝統は生きているが、偏った情報を流し続けたことで根付いてしまった。その点、神戸は上手だ。震災復興事業である「ルミナリエ」も神戸だから成功したのであり、大阪なら「またキンキラキンの物を…」と酷評されただろう。

 今は国際観光時代。アンティークな街の魅力はパリやローマ、ウイーンなどで味わえる。街の環境の破壊が続けば、確実に負ける。京都を京都たらしめる1200年の歴史の重みを背負う哲学と責任感が行政には必要だ。

 <木津川さんは、都市のグレードは文化的な視座で決まるといい、人口、雇用吸収力、製品出荷額など経済的な視座である「都市力」とのバランスが大事だと言う。>

 京都は都市力も高い。京セラやローム、堀場製作所など、非公害のベンチャー企業が力を発揮し、高い都市力と都市格がバランスを保っている。本社を京都に持つ企業は、本社機能を動かさない。京都にとどまることがステータスだからだ。一方で京都より高い都市力を持つ大阪では、本社が次々東京に移転している。不況になると、都市力だけを強めようという声が増すが、格を保ちつつ、力をつける道を探ってほしい。

 京都のパワーアップを目指す本紙「京都おもしろ宣言」企画の一環として、地元ゆかりの識者にとっておきの京都論を語ってもらいます。(随時掲載)

きづがわ・けい 1935年高知県生まれ。大阪市立大卒。演劇や芸能の研究を続け、68年「上方芸能」を創刊。86年から立命館大教授。98年菊池寛賞受賞。著書に「人間と文化」「上方の笑い」「上方芸能と文化考」など。

[京都新聞 2006年3月28日掲載]