メニュー
 京都新聞は、観光都市京都のパワーアップを目指して企画「観光・京都おもしろ宣言」をスタートさせました。人々の価値観はいま、物の豊かさから心の豊かさに移りつつあります。京のまちは伝統、歴史、自然環境と、どこを取っても格別な魅力をたたえてきました。京都新聞はそうした魅力に光を当て、京都を元気にする紙面を多彩に展開するとともに、フォーラムやイベントの開催、伝統文化体験の案内など、さまざまな「おもしろ」企画を発信していきます。

時代祭に見る先見性

京都新聞の前身「日出新聞」(明治28年10月22日付)に掲載された時代祭の図。今とは逆に時代の流れに沿う列順になっている

 一年中、さまざまな伝統行事に彩られる王城の地。中でも葵祭、祇園祭と時代祭は、京都の三大祭として知られる豪華絢爛(けんらん)の祭事だ。ところが、葵祭と祇園祭が千年以上の歴史を誇るのに、時代祭はせいぜい百年余り。いわば「新参」の祭りが、なぜこれほど支持を集め、発展できたのか。そこには東京遷都に強い危機感を抱く市民の伝統文化発揚への思いが込められていた。みやびな風俗絵巻に盛り込まれた、先進的でユニークな仕掛けをのぞくと。

 時代祭は、平安遷都千年にともない1895(明治28)年に始まった。この年、桓武天皇を祭神として平安神宮が創建され、記念行事の一環として平安期から明治維新までの風俗を再現する市民参加の行列が都大路を練り歩いた。翌年から開催日も、平安京遷御の日の10月22日に定められた。

 当初6列だった行列は大正10年に8列、昭和6年には10列に拡大し、戦争による中断もあったが、いまや第1回の3倍に当たる18列2千人の大行列に発展している。来年は北山、東山文化を盛り込んだ「室町時代列」が新たに加わる。

 1世紀余りの歴史しかない時代祭だが、いまや堂々と京都の三大祭のひとつに数えられ、行列も拡充されてきた。それはこの祭りが単なる行事ではなく、京都が悠久の「宮処(みやこ)」であることを、歴史人物と装束で表現する一大デモンストレーションだからだ。

 東京遷都によって、京都の伝統文化は危機に陥っていた。蛤御門の変で街の多くが焼け、廃仏毀釈(きしゃく)や文明開化の動きが古都の伝統破壊に拍車を掛けていた。「明治6年、御所が5千円で、二条城が1万円で売りにでた」(「京都歴史と文化3」平凡社)という話が残っているほど、京都の伝統は軽んじられていた。

 歴史都市京都の復活には、市民が自発的に参画できる文化事業を必要とした。1100年祭にちなむ内国勧業博覧会の開催と平安神宮創建、そして時代祭は、いずれも宮処京都を発揚するための大プロジェクトだった。

 時代祭考証委員を務める上田正昭京都大名誉教授は、「観光」が本来「観国之光」、つまり国の優れたものを見る意味であるとしたうえで、「時代祭は、祭礼・慶祝行事と真の観光を融合させた実に画期的な祭りであり、考案した人々の先見性に感心する」と話す。

 時代祭は、いまなお京都が伝統文化の基点であることを主張しているのかもしれない。

[京都新聞 2006年9月25日掲載]