京都市小学校大文字駅伝大会 京都市小学校大文字駅伝大会 京都市小学校大文字駅伝大会 京都市小学校大文字駅伝大会

大文字駅伝 桂徳小V3、2区から先頭譲らず 2位・樫原2年連続 3位・桂東

1位
3連覇を達成し、笑顔でゴールする
桂徳のアンカーの選手
(京都市左京区・岡崎公園野球場)

 第31回京都市小学校大文字駅伝が12日、北区の衣笠小前をスタートし、左京区の岡崎公園野球場にゴールする8区間、12・385キロで行われ、桂徳が42分1秒で3年連続5度目の優勝を果たした。2位は昨年に続き樫原、3位は桂東で、上位3校を西京東支部の学校が占めた。

 桂徳は1区を2位で滑り出し、2区でトップに立った。その後も各走者が安定した走りを見せて先頭を譲らず、3人が区間賞を獲得。2位に25秒差をつけて快勝した。

 大会には各地区や国・私立、民族学校の予選を突破した48校が出場した。


■厚い選手層 高い意識 桂徳

 優勝候補の呼び声が高かった桂徳が、盤石のレース運びで3連覇を達成した。区間賞の3人を始め、全員が区間8位以内と実力を発揮した。男子主将の高木選手は「先輩方が連覇でつないでくれた。自分たちも優勝できてうれしい」と喜んだ。

 1区の高木主将が2位と好発進した。2区の山本選手は「前の走者を抜いて、少しでも早くたすきを渡す」と序盤から飛ばし、前を行く西京極を中盤でかわしてトップに。そのまま独走態勢に入った。インフルエンザで欠場者が出たため、アンカーには補欠の田和選手を起用。「プレッシャーはあったけど、絶対に1位を取りたかった」と区間5位の好走で先頭を守り、厚い選手層を見せつけた。

 昨年12月の全国小学生クロスカントリーリレー研修大会も初優勝。躍進の背景には高い目的意識がある。同小は全国駅伝で3連覇している桂中の校区にあり、合同練習も行っている。林監督は「憧れの先輩と間近に接して見習っている。中学、高校で活躍することを目指している」と語る。この日の朝には桂中の生徒から激励の手紙も受け取った。

 連続優勝の大会記録は、2004~07年に嵯峨野が成し遂げた4連覇。高木主将は後輩に向け、「落ち着いて走って4連覇してほしい」とエールを送った。


■樫原 「みんなで粘れた」

 樫原は昨年に続く2位に、納得の笑顔だった。1区の宇野選手は苦しみながらも終盤に追い上げ、15位でつなぐ。「みんなが順位を上げてくれる。後ろを信じて、優勝を狙えるところまではと踏ん張った」。2区太田選手が区間賞の走りで12人を抜き、4区の村上選手が2位へ浮上。村上選手は「河川敷に入ったところで一気に抜けた。あとは前の桂徳だけを見て走った」と懸命に追いかけた。

 支部予選会では「桂徳に1分半以上の大差を付けられた」(技術指導の野村教諭)。「1人が1秒でも速くなって、差を縮めよう」と気持ちを一つにして挑んだ本大会では、3人が区間賞を獲得し、ライバルの背中に近づいた。区間賞で猛追したアンカー竹田選手は「みんなで粘ってつかんだ結果。最後までつなげて本当によかった」と笑顔。「来年こそ1位を取ってほしい」と悲願を後輩に託していた。


■「総合力」で躍進3位

 ◯…桂東は昨年の10位から一気に3位に躍進した。5区区間賞の船橋主将は「3位以内を目指していたのでうれしい。ずばぬけた選手はいないが、総合力を出せた」と笑顔を見せた。

 1区を13位でスタートすると、各区間で少しずつ順位を上げた。最終8区の溝口選手は、3位で駆けだした直後にたすきを落とした。「緊張してしまった」。急いで拾い、懸命にゴールを目指した。後続に迫られたが「練習を思い出しながら走った」と1秒差で3位を守り切った。

 陸上部は約100人と大所帯だ。指導する藤田教諭は「たくさんの部員が競い合うことで力を伸ばしている。来年も頑張ってくれるはず」と期待した。


■過去最高の好成績
 ○…砂川(伏見区)は岡崎公園野球場に入ってからの最後の競り合いに敗れ、表彰台に1秒届かなかった。アンカーの勝山可選手は、区間2位の快走にも「あと少しだったのでとても悔しい」と振り返った。
 それでも4位は過去最高となる好成績。週3日の練習に集中して取り組んだ成果を全員が発揮した。2区で5位に押し上げ、上位争いに食い込んで見せたのは双子の妹の勝山菜選手。「みんなで協力し、一丸になって走ることができた」と笑顔を見せた。
 5位宇多野(右京区)の山本主将「15位以内が目標だったので、5位入賞は最高の気分。今年は練習の設定タイムを上げるなどして、(41位だった)昨年より意識が高かった」
 6位御室(右京区)の渡邊主将「みんなで毎日頑張ってきたおかげで入賞できた。最初からスピードを出して最後までたすきをつなげた。全員が狙いの走りをやり切った」
 7位上賀茂(北区)の長浜主将「(44位だった)昨年よりも順位が上がってうれしい。普段の練習量はどこにも負けていないと思う。みんなが力を出してくれた」
 23年ぶりの出場で21位の大原野(西京区)・小林主将「走りきって満足はしているけれど、やはり他のチームが速かった。来年もまずは連続出場して、今回の結果を超えてほしい」

【2017年2月14日掲載】

最新情報

2017/02/14  >
大文字駅伝 桂徳小V3、2区から先頭譲らず 2位・樫原2年連続 3位・桂東
2017/02/11  >
夢に向け、走り出せ 第31回大文字駅伝48チーム、都大路に
2017/01/24  >
鍛えた脚 48チーム披露 大文字駅伝 来月12日号砲
2016/02/14  >
桂徳小が連覇 京都市小学校「大文字駅伝」
2016/02/14  >
【速報】桂徳小が2年連続4度目V 京都市小学校大文字駅伝
2016/02/13  >
仲間との絆で前へ 第30回大文字駅伝、53チーム疾走
2016/01/26  >
大文字駅伝、2月14日号砲 53チーム たすきつなぐ
2015/10/27  >
大文字駅伝、コース変更8区間に 16年の第30回大会
2015/10/08  >
大文字駅伝「思い出」募る 京都の小学生大会30回に
2015/02/08  >
桂徳小が優勝 京都市小学校「大文字駅伝」
2015/02/06  >
友情、感謝 たすきに込め 48チーム、都大路駆ける
2014/02/09  >
転倒乗り越え健闘 桂東
2014/02/09  >
粘りの走りに笑顔 桂徳
2014/02/09  >
伝統の強さ中盤発揮 嵯峨野
2014/02/09  >
嵯峨野小、最多7度目V 2位 桂徳 3位 桂東
2014/02/09  >
嵯峨野小が優勝 第28回京都市小学校大文字駅伝
2014/02/09  >
第28回京都市小学校大文字駅伝 公式記録
2014/02/08  >
熱い声援背に 48チーム力走 大文字駅伝、9日号砲
2014/01/28  >
健脚・連係48チーム競う 2月9日に大文字駅伝
2013/11/06  >
大文字駅伝 目指し力走 予選会始まる
2013/02/10  >
樫原小が初優勝 京都市大文字駅伝
2013/01/29  >
2月10日 大文字駅伝 49チーム激突
2012/10/30  >
大文字駅伝へ駆け抜ける 支部予選会スタート

【主催】京都市教育委員会、京都市小学校長会、京都市小学校体育研究会、京都市小学校スポーツ連盟
【共催】財団法人 京都青少年育成スポーツ財団、京都新聞