京都新聞社TOP

女子マラソンの草分け・永田(旧姓佐々木)七恵さんが死去

■全国女子駅伝で17人抜き

 女子マラソンの草分け、永田七恵さんが2009年6月27日、死去した。直腸がんの治療を受けていた。

 1983年、第5回東京国際女子マラソンで優勝。1984年のロサンゼルス五輪で女子マラソンが初めて実施され、代表となり19位だった。この年、第2回全国都道府県対抗女子駅伝に、岩手のアンカーで出場、17人抜きで都大路を沸かせた。17人抜きは、2007年まで23年間、破られなかった