京都新聞社TOP

2002 WORLD CUP 語録

 京都新聞のW杯サッカー報道紙面から、私の印象に残った「言葉」を収録します。(日は、新聞掲載日です。いずれも6月)

フランスDFルブフ

1日▽1次リーグA組セネガル1―0フランス
 全回優勝のフランスはジダンが故障で出られず、開幕試合でまさかの敗戦

「負けた理由を誰か個人に見つけるのは筋違い」

セネガルのメツ監督

1日▽1次リーグA組セネガル1―0フランス
 初出場セネガルの1点は、自国W杯初得点で、W杯の21世紀初ゴール

「夢のようだ。勝つことによって、チームのレベルが1ランク上がっていく」

ドイツFWクローゼ

2日▽1次リーグE組ドイツ8―0サウジアラビア
 ドイツのクローゼが今大会、ハットトリク第1号(大会史上42人目)となった

「(大会前に)僕が素晴らしいプレーができることを証明してみせる」

カメルーンFWエムボバ

2日▽1次リーグE組アイルランド1―1カメルーン
 ほぼベストメンバーが揃ったカメルーン

「いつでも、国を代表することは、最高の誇りだ」

アイルランドMFホランド

2日▽1次リーグE組アイルランド1―1カメルーン
 アイルランドは、大会前に主力のロイ・キーンが首脳陣と衝突してチームを離れたが、MFホランドが(代表として自身通算4点目の)ゴールし、同点

「ファンタスティックな気分だった。ロイがいないけれど、残った22人がひとつのチームになっている」

ロシアMFチトフ

6日▽▽1次リーグH組ロシア2―0チュニジア
 ロシアは後半、MFチトフがこぼれ球を決め、33歳のMFカルピンがPKをゴール

「何週間も前から選手には限界まで戦えと言っていた。われわれは強いチーム。いい選手がそろっている。可能な限り戦うだけ」

ロシアMFカルピン

6日▽1次リーグH組ロシア2―0チュニジア
 ロシアは後半、MFチトフがこぼれ球を決め、33歳のMFカルピンがPKをゴール

「(次の日本戦へは)きょうはゆっくり休んで、それから考えさせてくれ」

アイルランドのマッカーシー監督

6日▽1次リーグE組ドイツ1―1アイルランド
 終了直前、アイルランドがFWのロビー・キーンが劇的な同点ゴールを決めてドローにする。アイルランドは本来のエースのロイ・キーンが大会前にチームを離脱

「ロビーがやってくれた。きょうのあいつは最高だ」

ドイツ・MFラメロー

6日▽1次リーグE組ドイツ1―1アイルランド
 終了直前、アイルランドがFWのロビー・キーンが劇的な同点ゴールを決めてドローにする。アイルランドは本来のエースのロイ・キーンが大会前にチームを離脱

「最期はプレッシャーを受けた。どうしてこうなったか理由は分からない」

フランスのルメール監督

7日▽1次リーグA組フランス0―0ウルグアイ
 フランスがまさかの2試合連続無得点。1次リーグ敗退の瀬戸際に立つ

「運命は決められない」