京都新聞社TOP

近畿中学総体で京都勢が活躍

 2007年の近畿中学総合体育大会が、8月上旬に大阪府内の各会場で行われた。京都府中学総体の上位チーム、選手が出場した。主な成績を紹介する。

◇柔道

▽男子66キロ級  (1)則武 勇司(西京高付)
▽男子団体準決勝  朝日(兵庫) 1―1 京都学園(内容勝ち)
▽女子団体準決勝   藍(兵庫) 2―1 京都学園


◇軟式野球

▽1回戦 立命館 000 001 0=1
  枚方四 000 000 0=0
▽2回戦 立命館 000 000 0=0
  緑丘
(和歌山)
000 000 1=1
▽2回戦 二条 000 200 0=2
  近大新宮 001 000 0=1
▽準決勝 二条 000 000 0=0
  荒井
(兵庫)
120 000 ×=3

◇テニス

▽女子団体決勝 城南学園 3―1 立命館宇治


◇陸上

▽男子走り幅跳び (1)米沢宏明(長岡四) 6メートル72=追い風参考

■自己新4センチ更新

 ○…陸上男子走り幅跳びの米沢(長岡四)は、2位に19センチ差をつけて優勝。「助走と踏み切りのスピードがこれまでうまく合わなかったけど、きょうはつながった」と喜んだ。自己記録の6メートル68を4センチ更新したが「目標の6メートル90センチ台に届かなかったのは残念」。

 全国大会では7メートル台を狙う。「まだ2週間ある。踏み切りのラスト2歩をスピードアップしたい」と、さらなる記録更新を目指して意気込んだ。

▽男子2年100メートル (1)辻 智彦(洛星) 11秒52
▽女子200メートル (1)水谷 彩乃(同志社) 25秒54

■向かい風克服

陸上女子200メートルで優勝し、喜ぶ同志社の水谷(中央)=万博記念競技場
陸上女子200メートルで優勝し、喜ぶ同志社の水谷(中央)=万博記念競技場

 ○…陸上女子二百メートルで優勝した水谷(同志社)は「すごくうれしい」と表情を崩した。自己ベストの25秒44には少し及ばず25秒54。「向かい風の中でもベストに近い記録が出せたので、全国へ向けて自信がついた」と満足そうに話した。

 苦手のスタートで遅れたが、後半ぐんぐん前に出て、トップに立つと一気に後続を引き離した。「中盤からの加速が得意なんです」。24秒台が次の目標だ。「全国では決勝に残って入賞したい」と力を込めた。


◇水泳

▽男子1500メートル自由形 (1)大熊 将八(洛星) 16分34秒93
▽男子100メートルバタフライ (1)中嶋 亮互(加茂川) 56秒91=大会新
▽男子200メートルバタフライ (1)中嶋 亮互(加茂川) 2分6秒31
▽男子200メートル個人メドレー (1)本間 匠(勧修) 2分12秒33
▽女子100メートル平泳ぎ (1)高橋 美帆(長岡) 1分14秒70
▽女子200メートル平泳ぎ (1)高橋 美帆(長岡) 2分36秒19


◇ハンドボ-ル

▽男子決勝  月輪 24―23 大体大付(大阪)
▽女子決勝  大住 26―21 住吉一(大阪)


◇ホッケー

▽男子準決勝  伊吹山 7―3 立命館


◇バスケットボール

▽男子決勝 亀 岡 70―52 藤 森
▽ 女子決勝 京都精華女 75―38 夙 川(兵庫)


◇ソフトボール

▽女子決勝 樫原 100 000 0=1
  宝殿
(兵庫)
000 000 0=0

◇体操

▽男子個人総合近畿総体の部 (1)樫 一生(梅津)
▽男子つり輪(奨励種目) (1)中邨 晃輔(伏見)

▽女子団体総合 (1)北宇治
▽女子個人総合近畿総体の部 (1)奥本 ゆりあ(京都女)
▽女子個人総合全国大会予選の部 (1)沢田 桃子(北宇治)
▽女子種目別跳馬 (1) 沢田 桃子(北宇治)
▽女子種目別ゆか (1)沢田 桃子(北宇治)