京都新聞社TOP

京都府サッカー協会の森貞男元会長に日本協会から感謝状

■山城高で名選手育てる

日本サッカー協会からの感謝状を受け取る森貞男さん
日本サッカー協会からの感謝状を受け取る森貞男さん

 日本サッカー協会は2010年10月9日、西京極競技場での天皇杯3回戦の会場で、元京都府サッカー協会会長の森貞男氏(78)に感謝状を贈った。

 森氏は、日本サッカー協会の理事、参与を長年務め、7月25日に退任した。山城高校のサッカー部を創部、教員になってからは約半世紀にわたって指導。二村昭雄、釜本邦茂、松山吉之ら、日本代表選手をはじめ、多くの一流プレーヤーを育てた。「明日に夢を」の著作もある。

 感謝状と記念品は、京都府サッカー協会の辻浅夫会長代行が手渡した。森氏は「ありがたいこと。長生きはするもんですね」と喜びを表した。