京都新聞社TOP

京都社会人野球のベスト9が決定

■日本新薬・小林は6度目の受賞

 京都府野球連盟と京都新聞社は、2010年度の京都社会人野球ベストナインを選んだ。日本新薬から最多の5人が選ばれ、ニチダイと島津製作所から2人ずつとなった。最多受賞は日本新薬の小林世拓外野手で3年連続6度目。新人賞は、日本新薬の井藤孝平投手と、ニチダイの沢村翔投手が選ばれた。

 12月14日に、京都市伏見区の清和荘で表彰式が行われた。島津製作所の八木慎遊撃手は「野球ができる環境をつくってもらっていることに感謝し、高いレベルのプレーを目指す。野球を通して、社会貢献をしていきたい」。

ベストナインは以下の通り。

滝谷投手 堂前捕手 箸尾谷一塁手 萱田二塁手
左から:滝谷投手・堂前捕手・箸尾谷一塁手・萱田二塁手
保田三塁手 八木遊撃手 小林外野手 大東外野手
左から:保田三塁手・八木遊撃手・小林外野手・大東外野手
金外野手 新人賞・井藤 新人賞・沢村
左から:金外野手・新人賞・井藤・新人賞・沢村