京都新聞社TOP

京都学園大サッカー部の西政治コーチ

■元U―20代表

Jリーガーから指導者に転身し、京都学園大の関西学生サッカーリーグ1部昇格を支えた西政治コーチ(亀岡市・京都学園大グラウンド)
Jリーガーから指導者に転身し、京都学園大の
関西学生サッカーリーグ1部昇格を支えた
西政治コーチ(亀岡市・京都学園大グラウンド)

 サッカーの京都学園大は、2011年シーズンの関西学生リーグで初めて1部に昇格したが、コーチを務めているのが33歳の西政治(にし・まさはる)さんだ。

 西コーチは福岡出身。DFの選手で、東福岡高で1年からレギュラーになり、全国高校サッカー選手権でベスト4を2度経験。U―20日本代表にも入った。アビスパ福岡に3年間在籍したが、レギュラーになれず、指導者の道を目指した。

 中京大で教員免許を取り、母校などで指導経験を重ね、2007年に京都学園大に招かれた。小学校から大学まで主将を務めた。「大学時代は子どもから大人へ脱皮する期間。何をすべきか、自分で考える力を付けてほしい」。

 関西学生リーグの開幕戦では、前季優勝の阪南大と引き分けた。

(2011年3月31日付け紙面から)