京都新聞社TOP

JFL・佐川印刷SCの及川選手が被災地に健闘約束

■メール応援を力に

「宮城のために頑張る」と、古里への思いを前面に出して初戦に臨む佐川印刷SCのDF及川(亀岡市・佐川印刷SC亀岡グラウンド)
「宮城のために頑張る」と、古里への思いを
前面に出して初戦に臨む佐川印刷SCの
DF及川(亀岡市・佐川印刷SC亀岡グラウンド)

 JFL・佐川印刷SCのDFリーダー及川準は、仙台市出身。被災地に健闘を誓ってプレーする。及川は利府高時代に主将として全国高校選手権に初出場。流通経済大を経て、2010年に佐川印刷SCに入った。3・11東日本大震災では、祖母が間一髪で津波から逃れ、家族の無事は震災5日後まで分からなかった。

 及川は「被災地の家族や友人がメールで『頑張って』と応援してくれた。本当に力になるし、期待に応えたい」。

(2011年4月16日付け夕刊紙面から)