京都新聞社TOP

女子ラグビーの京都ウィメンズ・鎌多春香さんが豪州留学

■コーチング学ぶ

次世代のラグビーウーマンの育成を目指し、オーストラリアへコーチ留学する鎌多春香さん(5月29日、京都市右京区・西京極陸上競技場)
次世代のラグビーウーマンの育成を目指し、
オーストラリアへコーチ留学する鎌多春香さん
(5月29日、京都市右京区・西京極陸上競技場)

 女子ラグビーのクラブチーム「京都ウィメンズ」の鎌多春香さん(30)=京都市山科区=が2011年6月、コーチングを学ぼうと、豪州に2年間、自費留学。

 鎌多さんは洛北高時代、ハンドボールでインターハイ優勝を経験。26歳からラグビーを始めた。

2009年の7人制ワールドカップなどで日本代表。強豪のオーストラリア、ニュージーランドとも対戦、「自分の経験だけでは(後輩に)教えられる材料は少ない」と、留学を決めた。交通事故死した京都ウィメンズのチームメートと指導者としての夢を語り合っていたこともあった、という。

 自由度の高いオーストラリアのラグビーを日本流にアレンジした指導法の確立を目指す。

(2011年6月22日付け夕刊紙面から)