京都新聞社TOP

女子野球のW杯の日本代表候補に福知山成美高の川口投手

■18人の代表枠目指す

女子野球の日本代表候補に選ばれ、練習に励む福知山成美高の川口(福知山市・成美大グラウンド)
女子野球の日本代表候補に選ばれ、
練習に励む福知山成美高の川口
(福知山市・成美大グラウンド)

 女子野球のW杯が2012年8月にカナダで開かれるが、日本代表の候補に福知山成美高2年の川口琴投手が選ばれた。

 川口は奈良県橿原市出身。橿原中を卒業するまでは男子に混じってプレー、投手と遊撃手を兼ねた。代表候補は29人で、高校生は5人。川口は外野手として選ばれた。

 福知山成美高の女子野球監督は、元日本代表の長野恵利子さん。2008年に愛媛県で開かれたW杯では主将も務めた。長野監督は「精神、肉体面で何があっても耐えられる強さを身につけてほしい。(代表選考練習の)経験をチームに持ち帰ってくれれば」。

 秋以降に合同練習などを行い、W杯前に18人に絞られるが、川口は「最後まで代表に残り、私の力を世界舞台で試したい」。

(2011年8月27日付け紙面から)