京都新聞社TOP

NFLヨーロッパ 木下(立命大出) 今季2度目 週間MVP

挑戦2年目 プレー理解進む

NFLヨーロッパの今季第5戦でキックオフリターナーとして活躍した立命大出身の木下(提供=Waynepaulo.com、4月15日、アムステルダム)
NFLヨーロッパの今季第5戦でキックオフリターナーとして活躍した立命大出身の木下
(提供=Waynepaulo.com、4月15日、アムステルダム)

 米プロフットボールNFLの下部組織「NFLヨーロッパ」(NFLEL)に挑戦中の木下典明(アムステルダムアドミラルズ、立命大出)がこのほど、リーグ第5週での活躍が評価され今季2度目の週間MVPを受賞した。過去NFLELに参加した日本選手で、2度の週間MVP受賞は3人目。活躍次第ではNFL昇格の道も開ける同リーグで着実に実績を積んでおり、「挑戦2年目でプレーの理解が進み、落ち着いて動けている。アメフットしていること自体がすごく楽しい」と話している。

 週間MVPは毎週ポジション別に計4人が選出される。木下は開幕週での初受賞に続き、スペシャルチーム部門での活躍が認められた。日本時間15日のラインファイヤー戦に5試合連続先発出場。4度のキックオフリターンで計126ヤードを獲得し、「細かいミスがあるし、自分のせいでTDを逃したプレーもあった。WRとしても信頼してもらうため、残り5試合に完ぺきを目指す」と反省も交じえて先を見据える。

 この試合から立命大で同期のWR長谷川昌泳が移籍でチームメートとなり、長谷川は初出場を果たした。「昌泳はやっと故障が治り伸び伸び練習し始めた。でもライバル。先発を奪われないよう気合を入れる」と発奮していた。