京都新聞社TOP

(15)瀬戸内海の北木島でマリンスポーツに出会う

2010年09月06日

■コリンさんの「ゆうこうマリン」

「ゆうこうマリン」の作業場のコリンさん=左=
「ゆうこうマリン」の作業場のコリンさん=左=

 海、島が大好きな私は、のんびりと瀬戸内海をクルージングするのが昔からの夢だった。この夏、知人のクルザー「アリバ イ アリバ」に便乗させてもらって、その夢がかない、岡山県笠岡市の北木島(きたぎしま)を訪ねた。のどかな島で、カナダ人のフェレル・コリンさんがヨットのセール販売やメンテナンスをする会社「ゆうこうマリン」を経営していた。日本は周囲を海に囲まれていながら、マリンスポーツは盛んとはいえないが、日本語も上手なコリンさんは、「ヨットライフの匠」として活躍している。

 コリンさんは1970年生まれ。10年前にヨットで日本の父島にきた。現在、日本人の奥さんと住んでいる北木島は、花崗岩の生産地として有名だが、石の加工工場は減っている。使わなくなった工場の建物で、自分の会社を始めた。

 セールや、アンカーロープなどさまざまなヨット用品の販売、セールの修理、洗浄もする。レスキュー用に使いやすい丈夫なゴムボートも作っている。セールの生地を使ったおしゃれなカバンも好評のようだ。

 コリンさんは、島の名士でもあるようで、北木島のすぐ隣の白石(しらいし)島でも知られている。「でも、会社はまだまだ有名ではありません。私は、今年(2010年)で40歳なので、もっと頑張らないと」と、笑顔で話してくれた。

 「ゆうこうマリン」(岡山県笠岡市北木島町 13229―17)は、

 電話:0865(68)2121

 メール:info@yuukoumarine.jp

 ホームページ:http://www.yuukoumarine.jp