京都新聞社TOP

(27)「スポーツの歴史─8月編」

2012年07月30日

 この原稿は、ロンドン五輪の最中に書いている。8月のスポーツの歴史には、五輪関係の内容や、全国高校野球選手権も登場する。(参考文献は、「スポーツできごと一日一話」(大修館)、「昭和スポーツ列伝」(文春文庫)です)


○2日(1928年) 陸上の三段跳びで、織田幹雄が五輪で日本初の金メダル
 舞台は第9回アムステルダム五輪(オランダ)。2012年のロンドン五輪の日本選手は293人だが、アムステルダム五輪は43人という記録が残っている。織田は3回目に15メートル21を跳んで日本人初の金メダルに輝いた。その6日後、水泳200メートル平泳ぎで鶴田義行も優勝、日本人2つ目の金メダルを獲得した。この大会、織田と同じ三段跳びで田島直人が4位、陸上女子800メートルで人見絹枝が銀メダルを獲得している。
 織田は、明治38年、広島県生まれ。早稲田大出身で、後に朝日新聞運動部長、母校の早大教授、JOC委員も務めた。第8回パリ五輪、第10回ロサンゼルス五輪と、3大会連続出場した。男子三段跳びという種目は、織田に続いて、第10回ロサンゼルス五輪で南部忠平が金メダル(15メートル72の世界新)、第11回ベルリン五輪で田島直人が金メダル(16メートルの世界新)に輝き、当時、「日本のお家芸」とさえいわれた。

○8日(1870年) ヨットのアメリカズカップが初戦が行われた
 19年前の1851年、英ワイト島一周レースで、米国のアメリカ号が小さな銀製カップを獲得した。英国がそれを奪還しようと、1970年に挑戦した。この最初の「アメリカズカップ」では、米国のマジック号が英国のカンブリア号に勝ち、米国が防衛した。

○9日(1946年) 第1回国体夏季大会を兵庫、大阪で開催
 敗戦の荒廃から立ち直るためにスポーツの力も必要と、この年の2月に日本体育協会が全国大会の開催を決定、名称を「国民体育大会」とした。夏季大会は宝塚を茨木プールを会場に9日から3日間開き、競泳、飛び込み、水球を行った。約1200人の選手、役員が食料持参で駆けつけたという。競技は全日本選手権も兼ねていた。
 秋季大会は、京都を主会場に11月1日から3日間開催。ここから、国体は全国を巡ることになる。京都では、1988年(昭和63年)に、全国2巡目トップとして「京都国体」を開催、数々の国体改革を実施した。

○11日(1936年) ベルリン五輪で水泳の前畑秀子が日本人女性初の金メダル
 五輪史上、日本人初の金メダルは、前項の織田幹雄だが、女性では、前畑秀子だ。200メートル平泳ぎ決勝で、前畑は地元ドイツのゲネンケル(ゲネンガーという表記もある)とデッドヒートを演じ、0・6秒差の3分3秒6で優勝した。
 この時のラジオ実況放送が有名。河西三省アナウンサーが「…前畑ガンバレ、前畑ガンバレ…前畑勝った、前畑勝った」と繰り返し、絶叫に近いような描写だった。前畑は、前回のロサンゼルス五輪では0・1秒差で銀メダルだった。前畑はコンマ何秒の怖さをだれよりも知っていたといえる。
 ベルリン五輪は、ヒトラーが国威発揚に利用したことでも知られ、日本も軍事色を強くしていた。次回の五輪は東京が開催に名乗りを上げていたが、戦争の影で実現しなかった。

○13日(1927年) 日本初のスポーツ実況(ラジオ)中継が甲子園球場で始まる
 ベルリン五輪での「前畑ガンバレ…」のラジオ放送から9年前、昭和2年の全国中等学校優勝野球大会(現在の全国高校野球選手権)の甲子園球場に、初めてラジオ中継のマイクが持ち込まれた。ラジオ放送がスタートして5年目のことだった。放送に検閲があった時代。実況の大役は、JOBK(大阪中央放送局)に入局1年目ながら、中学、大学で野球に打ち込んでいた魚谷忠アナウンサーに白羽の矢が立ち、8日間の全試合を1人で放送した。

○18日(1915年) 第1回全国中等学校優勝野球大会が始まる
 中等学校の野球大会は、全国各地区大会が開かれていたが、全国大会はなかった。大阪朝日新聞はこの年の7月1日、「本社主催 全国優勝野球大会」の社告を掲載した。各地方大会の優勝校が大阪の豊中球場に集めようという大会。選手たちの旅費は朝日新聞が負担するという内容だった。
 しかし、東京以外の地区大会は毎年10月から11月に実施されており、日程を繰り上げて優勝校を決めるように働きかけた。この結果、第1回全国中等学校優勝野球大会は、東北、山陽、山陰、四国、九州、京津、関西、兵庫、東京の各地区から計10校を集めて開かれた。
 決勝は、京都二中が延長13回、2対1で秋田中にサヨナラ勝ちし、優勝した。
 試合会場は、第3回大会から鳴尾球場に移り、第9回大会から甲子園球場になった。

○29日(1953年) プロ野球のテレビ本放送が始まる
 日本テレビがこの日、巨人対阪神の21回戦を初めて本放送した。試合はナイターだった。テレビによるプロ野球の実験放送は、2年前の1951年、NHKが行っていた。