京都新聞社TOP

緊急提言、オランダ遠征を振り返って・・・・(連載第111号)

2009年09月11日

 9日のガーナ戦は、終わってみれば4-3での逆転勝ちで自信を取り戻しての帰国となった。しかし、実際はどのように評価するのが正しいのであろうか。私なりに3つの構成で考えてみた。

それでは第一に今回のオランダ遠征で絶対に試してみなければならないことは何なのか。それは最終選考へ向けての新しい選手の起用だろう。オランダ戦では、日本代表の世界での立ち位置の確認であった。しかし、そんな確認する以前の話でまったく機能しない結果に終わった。世界は日本に見極める機会すら与えてくれなかった。

 次のガーナ戦こそ、新しい戦術と選手を試すチャンスだった。私は、以前から中村俊、中澤、闘莉王、玉田などのW杯本戦での力量が読める人はスタメンから外して、新しい選手や最近使う機会のなかったベテラン選手を起用すべきと主張していた。その最たる人は稲本である。そして、本田圭祐でもあった。期待どおり稲本は成果を出した。今後もっと使うべきだろう。本田はスタメンから起用しないと成果を出せないタイプだ。体は硬く、中村俊のように軟らかいボールタッチとタイミングで相手はかわす動きではない。スピードと力強さで相手を打ち負かすタイプだ。途中起用の2試合とも、相手との間合いが計れないまま終わってしまった。

 それにDFの岩政や今野も使うべきだった。スタメン全員の入れ替えをするぐらいの余裕の試みが必要だった。そうすれば何か違った成果があったことだろう。現状維持を打破できない。司令官に去就するのは何だろうか。

 もうひとつ気にかかることがある。三人のレフティーだ。具体的には、中村、本田、玉田ということになる。この三人の距離感とポジションが気にかかっている。左足一筋の三人のプレースタイルが良くも悪くもハーモニーと言える構成になっていない。今後三人を一緒に使えないのではなかろうか。(中村は右足のシュートやセンタリングなど、意識したプレーが目に付いてきた。私の声が聞こえたのだろうか)。もっと日本には良い選手がいるはずだ。両サイドバックもしかり。日本列島の隅々まで探す努力が必要だ。

 第二として4-3で大逆転したガーナ戦をどのように分析すべきだろうか。私は、W杯出場権を3日前に獲得したガーナにとっては、地元でない地での戦いで、後半の運動量が極端に落ちた。つまり前半と違ってガチガチに当たって来なくなった。その結果、日本のFWにシュートを打つ距離が生まれていた。もちろん私がかねてから評価の高い、もうひとりの中村の初得点が効いた。

 では、本戦ではどうなのであろうか。本戦で3失点したら、勝ち目は無い。彼らは、運動量が落ちてきたら、ゲームをダラダラと消化する特技をもっている。私がかつてコラムに書き述べたとおり、日本人と違って時間を有利に消化する技をもっている。逆に日本人は普段の生活の中から、この術を持ち合わせていない。日本人は時間の消化すら、真剣に一生懸命やらなければならない。そんな不幸な人種なのだ。

 W杯は、チャンピョンシップだ。今回の親善試合とは正反対である。前半に得点できないチームは、勝てるわけが無い。後半は時間の消化とともに自分たちのサッカーができなくなる。日本のようなチームは前半に得点をし、後半は守備を厚くしながらカウンターを狙うチームに生まれ変わることだ。要するにガーナ戦の大逆転は、本戦であり得ないことだから参考にすべきではない。

 マスメディアには、大量失点も完全に崩された結果ではないと述べられていた。つまり守備のシステムは大丈夫で体格やフィジカル面の強さに屈したと言うことだ。私は、この方がもっと厄介だと思っている。体力差ではあと一年以内に結論はでない。オシムならどう言っただろうか。日本人よ、あまり期待するでないと言うのか、スピードを上げれば問題ないと言うのだろうか。

 最後に私の緊急提言を述べよう。これはあり得ない狂言と言うのか、一筋の光として光明が差すと言うかは読者次第だ。しかし、残り一年を切った時点で日本がベスト16以上に残る可能なる手法であると信じている。私は、日本代表をもうひとつ選出することを提言する。つまり現代表を表の代表(A代表) とし、もうひとつの代表を裏代表(B代表)とする。B代表の指揮官は外国人が良い。できればピクシーかギド・ブッフバルドが良い。(彼らは事の重要性、緊急性を理解できる)。これからの強化試合は、両代表が交互に実施する。監督同士の推薦で選手の入れ替えは可能だ。そして、来年の4月に両代表によるW杯真の代表決定戦を東京と大阪で行う。それに勝利したチームが日本代表として最終登録するのである。

 最終登録前には勝利した監督が相手代表からの選手の引き抜きは可能である。しかし、一致団結して真の日本代表になれば、そう簡単にドラスチックに選手の入れ替えはできないだろう。B代表は、現在呼ばれていない欧州組や新世代からの選手を使い、A代表と違う戦術とスキルを身につけるチームでなければならない。私は、この日本にその選手は見つけ出すことが可能と思っている。そして、トライする指揮官もJリーグ経験の外人監督から見出せると信じている。二つの違った代表が切磋琢磨して、真のW杯代表を勝ち取る図式が世界最高峰のチャンピョンシップに望むにふさわしいと信じるからである。