京都新聞社TOP

おもしろい映像集。(連載第144号)

2011年10月31日

 昨今、週末のスポーツニュース、サッカーコーナーでは今週のスーパープレーや珍プレーの数々のコーナーがある。プロ野球ニュースのサッカー版だ。先週は、J2のプレーでギネスものの世界最長のヘッディングシュートが紹介され、なんと58mの最長距離だった。

 今回、テレビではなくてYouTubeの私のベスト5の映像を紹介しょう。余裕のある方はこのまま続けて見てほしい。

 この夏から私は、PCからダウンロードしてiPodに転送し通勤途上で楽しんでいる。音楽や映画も良いがサッカーのスーパープレーを手軽に体験している。前置きはともかく、まず第5位は・・・・

第5位・・
ドラゴンシュート(1.14秒) ドラゴンこと久保選手のFC横浜デビュー選で見せた超ロングシュート。彼の左足が炸裂した久保でなければ打てないシュートだ。

第4位・・
中村俊輔、レンジャーズ相手にスーパーゴール(1.32秒) セルチック時代のスーパーゴール。左足のアウトサイドぎみに超スライスしていくミドルシュート。ゴールネット裏での監視員の喜びようが、このゴールのすばらしさを物語る。

第3位・・
サッカー日本代表ゴール2010(2.30秒) ワールドカップ南ア大会からアジアカップまでの代表ゴール集。映像がきれいでとっても見やすいシーンの連続。最近のゲームなので記憶に新しく、感動が蘇ってくる。

第2位・・
George Best The Magnificent 1946-2005(3.35秒) 私が崇拝するサッカーの神様ジョージ・ベストのスーパープレー集。画像が悪いのは、古いフィルムだからやむなしとして、彼のゴール前5人抜きや、キーパーも抜いてしまうフェイントなど、グランドのぬかるみにも倒れないバランスとボールコントロールは歴代No1の称号を与えたい。

第1位・・
中村俊輔vs.小野伸二vs.松井大輔vs.本田圭祐vs.香川真司(7.32秒)日本が世界にほこるファンタジスタ5人集のスーパープレー。特にドリブルやトラップ、トリッキーなパスなどの意外性に富んだプレーを中心に構成されていて、何度見ても見飽きない。

 以上が、私の推薦するYouTubeベスト映像集です。(タイトルのあとの数字は放映の秒数)