京都新聞社TOP

祝ロンドンオリンピック出場(連載第148号)

2012年3月18日

祝ロンドンオリンピック出場

U23代表がオリンピック出場を決めた

 清武、扇原のセレッソ大阪コンビの活躍でバーレーンを2-0で破った。立派な戦いだった。かつて日本にプロリーグがない時代、オリンピックの出場は、日本サッカーの悲願だった。冒頭のチケットの写真は、丁度今から36年前、モントリオールオリンピック出場をかけて宿敵韓国と闘ったゲームのものだ。私は23才で、社会人になっていて東京に住んでいた。唯一国立競技場しか、まともなサッカーグランドのない時代だったが、私は釜本やネルソン吉村など関西出身の選手を楽しみに1番値の高いシートで観戦した。

 ゲームは、0-2で韓国が勝利した。しかし得点差以上に内容の濃いゲームだったと記憶している。その頃の私は、たとえ負けゲームであっても、釜本の一発があれば嵐の中の観戦でさえも不満はなかった。結果、全日本は予選を突破出来ずモントリオールに行くことはなかった。翌年のアルゼンチンW杯アジア予選においても一勝も出来ずに敗退している。

 それでも私はW杯出場を夢みた毎日だった。

 いよいよ、本大会へ向けて選手選考にはいる。オーバーエイジの三人枠も気にかかる。

 予選を闘った選手から選びたい気持ちは分かるが、香川や宮市、乾らも候補だろう。監督は、ドラスチックに選考すべきだ。でないと、世界で勝てない。

良性発作性頭位めまい(別名ぐるぐる病)

 この病名が、ニュースになった。なでしこジャパン澤選手が体調を崩している。私は、この病気に詳しい。なぜなら、私自身が三年前に経験したからだ。京都の大学病院の専門外来に半年通った。三半規管にある耳石(ミクロン単位の微粒子)が本来の定位置から動くと激しいめまいが起こる。特に、夜中寝返りをした途端に、激しいめまいになった事がある。闇の中でぐるぐる、目が回る。たいへんつらい症状だった。別名ぐるぐる病とも言う。

 原因は、はっきりしないが、疲労、ストレス、内耳炎などが引き金だろう。低気圧や花粉の影響もあると思う。W杯以降、澤の生活は、多忙すぎた。テレビにでない日はない、失言がないよう、一言一句に気を使う、自分だけが輝く事はない。チームの皆のおかげであって、未来のなでしこの手本でもあった。とうとう澤の身体は、この辺で休めと訴えて来た。幸いオリンピックまで時間はたっぷりある。しっかり休むことだ。この病気、特効薬はない。忘れた頃に治る。ただ、油断したら、癖になるし、それが続くとメニエール病になってしまう。

 澤よ、しばらく休め。花粉も一段落するころ、練習を再開すれば良い。ただし、完治するまでヘディングを避けよ。佐々木監督は、必らずや澤を選ぶはずだ。誰よりも澤を必要としているからだ。

イングランドプレミアリーグ

 宮市のプレイをBSチャンネルで観戦した。右サイドの攻撃的ハーフで積極に前へ向かっていた。しかし、まだまだ未熟なプレイが目立つし、まわりを気にし過ぎる傾向があって、まだアーセナルのような上位チームでのスタメンは難しい。オランダリーグで活躍して、このボルトンのような下位チームで認めてもらうしかないだろう。しばらくサッカーに専念させたい。マスコミよ静かにしておいて。イングランドリーグでは昔から、若者にチャンスの道を与えてくれる風土がある。ベッカムやオーウェンがそうであったように、最近では、悪ガキ・ルーニーがそうである。そう言えばルーニーの移植頭髪も最近では、きれいにそろった。海外リーグが容易に観戦出来、サッカー以外の話題にも事欠かない。

 Jリーグも始まり、サッカーシーズンの幕明けだ。今年もサッカーざんまいて行こうと勝手に思っている。(2012年3月18日)