京都新聞社TOP

ワールドカップブラジル大会選手登録 日本代表候補(私案) (連載第243回)

2014年3月10日

イタリア・シエナのカンポ広場 広場の周辺が馬や人の行進のために、中心が観客と祭りの参加者。中世の都市がまるで巨大スタジアム化している。
※イタリア・シエナのカンポ広場 広場の周辺が馬や人の行進のために、
中心が観客と祭りの参加者。中世の都市がまるで巨大スタジアム化している。

少し早いが現時点の代表候補をあげてみた。もちろん私案である。

 W杯の予備登録30名の締切は5月13日で本登録23人の締切は6月2日である。これは、予備登録からケガ人の対処や最終選考の時間として最初に30名を登録する。しかし同時に7名が落選すると言う憂き目に出会うのである。前回日本は予備登録ではなく、いきなり本登録23名を決定している・・・・と思う。本登録までにケガをした場合は追加招集の形を取った。落選する選手にとっては恥じをさらすことがない。
今回はどのように先行するのであろう。

ポジション 私案第一候補者(3/10) 私案第二候補者(3/10) 本登録リスト(6/2)
GK 川島    
GK 西川    
GK 権田    
DF 今野    
DF 吉田    
DF 長友 槙野  
DF 内田 酒井高  
DF 森重 伊野波  
DF 酒井宏 駒野  
DF 栗原    
MF 中村憲剛    
MF 遠藤    
MF 長谷部    
MF 山口蛍    
MF 細貝 青山  
MF 本田圭祐    
MF 香川    
MF 清武    
FW 柿谷    
FW 大迫 ハーフナーマイク  
FW 岡崎 工藤  
FW 斉藤 佐藤寿  
FW 豊田    
合  計 以上23人 以上8人  

 これが私の現時点での代表候補だ。真新しい名前やサプライズはない。先日のNZ戦ではあまり参考にならない出来であったし、ケガ人や病人も多かった。昨年の代表選出者から選ぶことが大きなリスクを避ける唯一の手段である。

 ではこのメンバーでベスト8は可能だろうか。もちろん可能である。ただし、日本らしいサッカーと彼らが自分らしい普段のプレーが出来たのならベスト8は取れるだろう。後は、日本の得意でもあるチームとしての完成度を高めることだろう。その為のキャンプも張る。

 Jリーグが開幕した。各選手の動きも対戦モードに変わっていく。今節C大阪とG大阪がそろって初勝利した。徐々に代表候補の調子も上がっていくことだろう。しばらくは各チームでアピールすることになる。