京都新聞社TOP

お伊勢参りとU17女子W杯の優勝 (連載第247回)

2014年4月7日

伊勢うどん  だしが濃い感じだと思ったけど意外とあっさりしていて最後の一滴まで味わうと大変満足。先週伊勢神宮参拝前のおかげ横丁に立ち寄った。伊勢神宮ではW杯日本代表のベスト8進出をお祈りした。
※伊勢うどん  だしが濃い感じだと思ったけど意外とあっさりしていて最後の一滴まで味わうと大変満足。
先週伊勢神宮参拝前のおかげ横丁に立ち寄った。伊勢神宮ではW杯日本代表のベスト8進出をお祈りした。

17歳以下の女子W杯コスタリカ大会で完全優勝

 リトルなでしこジャパンは決勝でスペインを2-0で破って初優勝を飾った。急遽テレビ放映があった。チェックして良かった。ゲームはボール支配率に勝るスペインに押されてはいたがゴール前での守備は完璧で危ないシーンも少なかった。日本は立ち上がりの先取点に続いて後半の追加点と効率よく点を取った。焦るスペイン選手の顔が時折テレビ画面にアップされていた。反対に日本は冷静なゲーム運びを終始展開していた。

 日本は全試合負けのない完全優勝をしている。その上、失点が1点という素晴らしさである。私は日本のGKが素晴らしい選手であるとすぐに感じた。派手な動きはないが守備範囲は広く的確に最終DFとGKの間のスペースを守り抜いている。試合後はベストGK賞を受賞している。他にフェアプレー賞やMVPも取った。

 先週のお伊勢参りの御利益がこのような形で早速叶うなんて信じられない思いである。

五十鈴川の清き流れ 身を清めるには最適かもしれない。
※五十鈴川の清き流れ 身を清めるには最適かもしれない。

週末Jリーグ

 週末のJリーグで気になった点を取り上げる。得点では、川崎の大久保、鳥栖の豊田、柏の田中が取っている。W杯の候補としてはこのまま得点を重ねるしかないだろう。セレッソ、ガンバともに大阪勢が負けている。ガンバがイマイチ調子に乗れないのが心配だ。昨年のJ2の後遺症が残っている。

 鹿島が一位になっている。若手への移行が成功している。広島も好位置をキープしている。やはり本命のチームである。

 飛躍できないチームの筆頭に名古屋がいる。ストイコビッチ監督退任後低迷続きだ。理由は見てないのでわからない。

 女子ではINAC神戸が連敗した。大量の移籍があってから負けることは想定済みだが、層の厚さが売りだったはず。次戦で三連敗は許されないだろう。

 海の向こうでは復帰した長友、本田、香川共に調子を上げてきた。

 J2では京都サンガが大黒のハットトリックで勝っている。

 5月のW杯候補選定まで日がない。若い選手が国内候補に挙がった。その筆頭が南野である。私たちのなじみの薄い名前が続いている。今の時期に切磋琢磨して将来の日本代表を担う彼らにチャンスを与えられることは大切なことだ。ただし、本選候補者選定は例年に増して激戦となるだろう。暖かくなって楽しみな季節なってきた。