京都新聞社TOP

さよなら国立競技場 私の思い出 (連載第256回)

2014年6月1日

チケット

チケット

チケット

国立競技場での観戦

 昨日国立競技場の建て替え前の最後のセレモニーがあった。テレビの特番だった。そこでふと思った。私は何試合国立競技場でサッカー観戦したのだろうかと、そして、さっそくチケットホルダーから取り出してチェックしている。最近は埼玉や横浜国際などで国際試合は開催される。唯一と言っていいのはトヨタカップぐらいだろう。そのトヨタカップもモロッコへ行ってしまった。大変さびしい思いをしていた。

国立競技場でのJリーグの一コマ
※国立競技場でのJリーグの一コマ

 私は国立競技場が大好きだ。それは都心にあって利便性が良い、地下鉄でもJRでも簡単に行くことが出来た。神宮外苑の並木道や絵画館前の広場など大都会のオアシスともいえる。その国立だが日韓W杯の時は会場に指定されていない。この時、会場候補地は多く国立を使用するまでもなかった。もちろんW杯仕様だと屋根付きにする必要があるし、改修に多額の費用が必要だった。むしろW杯の時に万一テロか何かが起こった場合に国立競技場は立派な代替会場としての切り札的存在だったろう。

 2020年の新東京オリンピックには新しい国立競技場が出来る。次につながる夢を将来にわたって抱かしてくれるすばらしい聖地なのだ。

※冒頭の写真は国立競技場で観戦したサッカー試合の数々である。私の東京赴任時代と重なる。