京都新聞社TOP

Jリーグ最終戦(連載第332回)

平成27年11月24日

※長崎平和公園、原爆投下中心地の北側の丘に造られた公園。世界各国からのモニュメントが建造されていて外国人の姿や修学旅行生が多い。
※長崎平和公園 原爆投下中心地の北側の丘に造られた公園。世界各国からのモニュメントが建造されていて外国人の姿や修学旅行生が多い。

※山王神社の一本柱の鳥居、原爆の爆風で半分が倒壊した鳥居。原爆資料館に展示されている実物大の原子爆弾の模型。長崎に投下されたのはプルトニウム型、広島はウラン型だった。死者7万4千、負傷者7万5千人、当時の人口は24万人。

※山王神社の一本柱の鳥居、原爆の爆風で半分が倒壊した鳥居。原爆資料館に展示されている実物大の原子爆弾の模型。長崎に投下されたのはプルトニウム型、広島はウラン型だった。死者7万4千、負傷者7万5千人、当時の人口は24万人。
※山王神社の一本柱の鳥居、原爆の爆風で半分が倒壊した鳥居。原爆資料館に展示されている実物大の原子爆弾の模型。長崎に投下されたのはプルトニウム型、広島はウラン型だった。死者7万4千、負傷者7万5千人、当時の人口は24万人。

Jリーグが幕を閉じた

 今年のJリーグの最終戦が終わった。いや正式には入れ替え戦とプレーオフ、チャンピオンシップが残っている。それぞれの大会方式が難読であるが長いリーグの後の盛り上げ方には注文が付きそうである。本リーグの結果を受けてのトピックスを挙げてみた。J1は広島が強かった。最終戦も湘南に5-0で大勝して年間一位を決めた。広島の佐藤もきっちりと得点を取って中山ゴンさんの通算最多得点157点に並んだ。

 得点王は川崎の大久保がとった。三年連続とは恐れ入った。宇佐美は二位だった。年間の二位は浦和で三位にガンバ大阪が入った。ガンバはFC東京と同勝ち点ながらも得失点差で勝った。チャンピオンシップで頑張ってほしい。

 J2は早々とJ1昇格を決めた大宮だったが、自動昇格の二位にジュビロ磐田が滑り込んだ。 最終戦ロスタイムの勝利だった。J1からの降格は松本山雅、清水、山形と決まった。J2の最後の一枠はセレッソ大阪、福岡、愛媛、長崎で争われる。私個人としてはセレッソが勝ち取ってほしい。

 京都サンガは結局17位で終わった。J1昇格どころかJ3降格圏を彷徨う期間が長かった。最下位栃木がJ3へ降格、21位の大分が入れ替え戦に臨む。J3一位の山口がJ2へ昇格する。J3二位の町田が入れ替え戦に臨む形となった。

ユーロ2016の本戦出場国

 来年のユーロフランス大会の出場国が決定した。スペイン、ドイツ、フランス、イタリアにベルギー、チェコ、ポルトガル、ハンガリー、イングランド、スウェーデン、ロシア、トルコ、クロアチア、ルーマニア、北アイルランド(初)、ウェールズ(初)、スロバキア(初)、アイスランド(初)、アルバニア(初)。

 敗退国はアイルランド、スイス、ポーランド、オーストリア、ウクライナ、スコットランドなどの強豪国があった。本戦抽選は12月12日に実施され開幕戦は来年6月10日。先日テロに見舞われたフランススタジアムが舞台だ。