京都新聞社TOP

「京都スポーツの殿堂」第1回に3人を決定

■プロ野球の吉田氏と衣笠氏、陸上の朝原氏

 京都市は2011年1月4日、「京都スポーツの殿堂」に入る第1回の3人を発表した。プロ野球の元阪神タイガース監督・吉田義男氏(山城高出身)、広島カープで活躍した鉄人・衣笠祥雄氏(平安高出身)と、北京五輪の陸上400メートルリレーで銅メダルに輝いた朝原宣治氏(同志社大出身)の3人を発表した。

 春に西京極総合運動公園(京都市右京区)の市民スポーツ会館内に殿堂コーナーを設けて、ゆかりの品々や写真を飾って顕彰する。

 吉田氏は「野球に打ち込んだ京都で、市民になにがしかのお返しできることをうれしく思います」。

プロ野球の吉田氏と衣笠氏、陸上の朝原氏
左:吉田義男氏 中:衣笠祥雄氏 右:朝原宣治氏