京都新聞社TOP

五輪(夏季大会)あらかると

■ロンドン五輪ではどんなドラマが

 ロンドン五輪が2012年7月27日に開会式(競技は25日から)を行い、8月12日まで行われる。今回も、「筋書きのないドラマ」が楽しみだが、2008年の北京五輪までの日本の成績を振り返り、「五輪あらかると」を紹介する。(敬称略)

■日本選手団の歴代主将と旗手

開催年 開催地 主将 旗手
1928年 アムステルダム 高石 勝男(競泳) 中沢 米太郎(陸上)
1932年 ロサンゼルス 織田 幹雄(陸上)
1936年 ベルリン 大島 鎌吉(陸上)
1948年 ロンドン (日本は不参加)
1952年 ヘルシンキ 古橋広之進(競泳) 沢田 文吉(陸上)
1956年 メルボルン 竹本 正男(体操) 笹原 正三(レスリング)
1960年 ローマ 糸山 隆司(体操) 小野 喬(体操)
1964年 東京 小野 喬(体操) 福井 誠(競泳)
1968年 メキシコ 菅原 武男(陸上) 遠藤 幸雄(体操)
1972年 ミュンヘン 中村 祐造(バレー) 篠巻 政利(柔道)
1976年 モントリオール 加藤 沢男(体操) 猫田 勝敏(バレー)
1980年 モスクワ (日本は不参加)
1984年 ロサンゼルス 山下 泰裕(柔道) 室伏 重信(陸上)
1988年 ソウル 斉藤 仁(柔道) 小谷実可子(シンクロ)
1992年 バルセロナ 古賀 稔彦(柔道) 中田 久美(バレー)
1996年 アトランタ 谷口 浩美(陸上) 田村 亮子(柔道)
2000年 シドニー 杉浦 正則(野球) 井上 康生(柔道)
2004年 アテネ 井上 康生(柔道) 浜口 京子(レスリング)
2008年 北京 鈴木 桂治(柔道) 福原 愛(卓球)

■日本の過去の金メダル数=()内は女子

 日本選手の最初の金メダルは、アムステルダム五輪。陸上・三段跳びの織田幹雄と、水泳・200メートル平泳ぎの鶴田義行(記録は2分48秒8)の2人が獲得した。織田の記録は15メートル21だが、現在、国立競技場のトラック第4コーナーには、この記録を顕彰して長さ15メートル21の「織田ポール」が設置されている。

 アテネ五輪の陸上・ハンマー投げの室伏広治は、競技終了時点で2位だったが、1位の選手がドーピング違反で失格、「金」に繰り上げられた。

開催年 開催地 獲得数
1928年 アムステルダム
1932年 ロサンゼルス
1936年 ベルリン 6(1)
1948年 ロンドン (日本は不参加)
1952年 ヘルシンキ
1956年 メルボルン
1960年 ローマ
1964年 東京 16(1)
1968年 メキシコ 11
1972年 ミュンヘン 13(1)
1976年 モントリオール 9(1)
1980年 モスクワ (日本は不参加)
1984年 ロサンゼルス 10
1988年 ソウル
1992年 バルセロナ 3(1)
1996年 アトランタ 3(1)
2000年 シドニー 5(2)
2004年 アテネ 16(9)
2008年 北京 9(5)

■マラソンの日本勢の全成績=女子はロサンゼルス大会から採用

(数字は順位、棄は途中棄権)

 女子マラソンは、1984年のロサンゼルス五輪から採用された。その前年の1月に、京都で全国都道府県対抗女子駅伝が始まった。女子の中長距離種目の強化を目指した女子駅伝の第1回優勝アンカーは増田明美(千葉チーム)。2000年シドニー五輪の金メダリスト・高橋尚子、04年アテネ五輪の金メダリスト・野口みずきも、全国女子駅伝でおなじみの顔だ。

開催年 開催地 順位 <男子> 順位 <女子>
1912年 ストックホルム 金栗 四三    
1920年 アントワープ 16
20
21
金栗 四三
茂木 善作
八島 健三
   
1924年 パリ


金栗 四三
田代 菊之助
三浦 弥平
   
1928年 アムステルダム

48
山田 兼松
津田 晴一郎
永谷 寿一
   
1932年 ロサンゼルス

津田 晴一郎
金 恩培
権 泰夏
   
1936年 ベルリン
1(金)
3(銅)
 
塩飽 玉男
孫 基禎
南 昇竜
(鈴木房重は出走せず)
   
1948年 ロンドン (日本は不参加)
1952年 ヘルシンキ
25
26
内川 義高
西田 勝男
山田 敬蔵
   
1956年 メルボルン
16
33
川島 義明
浜村 秀雄
広島 庫夫
   
1960年 ローマ 31
32
46
広島 庫夫
渡辺 和己
貞永 信義
   
1964年 東京 3(銅)

15
円谷 幸吉
君原 健二
寺沢 徹
   
1968年 メキシコ
2(銀)
佐々木 精一郎
君原 健二
宇佐見 彰郎
   
1972年 ミュンヘン
12
36
君原 健二
宇佐見 彰郎
采谷 義秋
   
1976年 モントリオール 20
21
32  
宗 茂
水上 則安
宇佐見 彰郎
   
1980年 モスクワ (日本は不参加)
1984年 ロサンゼルス
14
17
宗 猛
瀬古 利彦
宗 茂

19
増田 明美
佐々木七恵
1988年 ソウル

17
中山 竹通
瀬古 利彦
小坂 忠広
25
28
29
浅井 えり子
荒木 久美
宮原 美佐子
1992年 バルセロナ 2(銀)

森下広一
中山 竹通
谷口 浩美
2(銀)

29
有森 裕子
山下佐知子
小鴨 由水
1996年 アトランタ 19
54
93
谷口 浩美
大家 正喜
実井 謙二郎
3(銅)
12
17
有森 裕子
真木 和
浅利 純子
2000年 シドニー
21
41
犬伏 孝行
川嶋 伸次
佐藤 信之
1(金)

15
高橋 尚子
山口 衛里
市橋 有里
2004年 アテネ

42
油谷 繁
諏訪 利成
国近 友昭
1(金)

野口みずき
土佐 礼子
坂本 直子
2008年 北京 13
76
 
尾方 剛
佐藤 敦之
(大崎悟史は出走せず)

13
 
土佐 礼子
中村 友梨香
(野口みずきは出走せず)
(ベルリンの孫基禎、南昇竜は当時、朝鮮。日本代表として出場)

■野球の日本の戦績=()内は優勝国

 日本がプロ、アマ合同で出場した野球。正式競技としては金メダルに届かなかった。野球は2012年ロンドン五輪では実施されない。

開催年 開催地 戦績 優勝国
1984年 ロサンゼルス(公開競技) 金メダル  
1988年 ソウル(公開競技) 銀メダル (米国)
1992年 バルセロナ 銅メダル (キューバ)
1996年 アトランタ 銀メダル (キューバ)
2000年 シドニー 4位 (米国)
2004年 アテネ 銅メダル (キューバ)
2008年 北京 4位 (韓国)

■競泳の日本の金メダル

 女子の金メダル第1号は、ベルリン五輪の前畑秀子。ラジオの実況放送で繰り返された「まえはた ガンバレ!」のアナウンスも有名。ミュンヘン五輪では田口信教が16年ぶりで、ソウル五輪では鈴木大地が16年ぶりで金メダルを獲得し、「水泳ニッポン」を復活させた。北島康介は2大会連続2冠の偉業を達成。(▽=男子、▼=女子)

開催年 開催地 種目 選手名
1928年 アムステルダム ▽200メートル平泳ぎ 鶴田 義行
1932年 ロサンゼルス ▽100メートル自由形
▽1500メートル自由形
▽200メートル平泳ぎ
▽100メートル背泳ぎ
▽800メートルリレー
宮崎 康二
北村 久寿雄
鶴田 義行
清川 正二
宮崎、遊佐、横山、豊田
1936年 ベルリン ▽1500メートル自由形
▽200メートル平泳ぎ
▼女子200平泳ぎ
▽800メートルリレー
寺田 登
葉室 鉄夫
前畑 秀子
遊佐、杉浦、田口、新井
1956年 メルボルン ▽200メートル平泳ぎ 古川 勝
1972年 ミュンヘン ▽100メートル平泳ぎ
▼女子100バタフライ
田口 信教
青木 まゆみ
1988年 ソウル ▽100メートル背泳ぎ 鈴木 大地
1992年 バルセロナ ▼女子200平泳ぎ 岩崎 恭子
2004年 アテネ ▼女子800自由形
▽100メートル平泳ぎ
▽200メートル平泳ぎ
柴田 亜衣
北島 康介
北島 康介
2008年 北京 ▽100メートル平泳ぎ
▽200メートル平泳ぎ
北島 康介
北島 康介

■シンクロナイズドスイミングの日本の成績

 ロサンゼルス五輪から始まった競技。当初、3大会連続でソロ種目があったが、アトランタ五輪からは実施されていない。北京五輪まで、ソロ、デュエット、チーム各種目を通して日本の金メダルはない。

開催年 開催地 <ソロ> <デュエット> <チーム>
1984年 ロサンゼルス 銅 元好三和子 銅 元好・木村さえ子
1988年 ソウル 銅 小谷実可子 銅 小谷・田中京
1992年 バルセロナ 銅 奥野史子 銅 奥野・高山亜樹
1996年 アトランタ
2000年 シドニー 銀 立花美哉・武田美保
2004年 アテネ 銀 立花美哉・武田美保
2008年 北京 銅 鈴木絵美子・原田早穂 5位

■サッカーの日本の全成績

 男子のメダルは、メキシコ五輪の「銅」のみ。以後、五輪予選での敗退が続いた。1993年にJリーグが誕生してプロ化を果たすと、96年のアトランタ五輪で、実に28年ぶりの五輪出場を果たした。以後は、毎大会出場している。サッカーは92年バルセロナ五輪から基本的に23歳以下の代表チームによる大会になっており、年齢制限のないW杯と区別されている。

 女子はアトランタ五輪から採用された。日本は2011年のW杯で優勝したものの、五輪でのメダルはない。北京五輪では、3位決定戦で惜しくも敗れてメダルに届かなかった。

 (○=日本の勝ち、△=同引き分け、●=同負け)

【男子】
1936年 ベルリン 8強 ▽1回戦
▽2回戦
○3―2スウェーデン
●0―8イタリア
1956年 メルボルン ▽1回戦 ●0―2オーストラリア
1964年 東京 8強 ▽1次リーグ
 
▽準々決勝
▽順位決定戦
○3―2アルゼンチン
●2―3ガーナ
●0―4チェコスロバキア
●1―6ユーゴスラビア
1968年 メキシコ 銅メダル ▽1次リーグ
 
 
▽準々決勝
▽準決勝
▽3位決定戦
○3―1ナイジェリア
△1―1ブラジル
△0―0スペイン
○3―1フランス
●0―5ハンガリー
○2―0メキシコ
1996年 アトランタ ▽1次リーグ ○1―0ブラジル
●0―2ナイジェリア
○3―2ハンガリー
(日本はグループ3位で敗退)
2000年 シドニー 8強 ▽1次リーグ
 
 
▽準々決勝
○2―1南アフリカ
○2―1スロバキア
●0―1ブラジル
●2―2米国(PK4―5)
2004年 アテネ ▽1次リーグ ●3―4パラグアイ
●2―3イタリア
○1―0ガーナ
(日本は1次リーグ敗退)
2008年 北京 ▽1次リーグ ●0―1米国
●1―2ナイジェリア
●0―1オランダ
(日本は1次リーグ敗退)
【女子】
1996年 アトランタ ▽グループリーグ ●2―3ドイツ
●0―2ブラジル
●0―4ノルウェー
2000年 シドニー (出場できず)  
2004年 アテネ ▽グループリーグ
 
▽準々決勝
○1―0スウェーデン
●0―1ナイジェリア
●1―2米国
2008年 北京 ▽グループリーグ
 
 
▽準々決勝
▽準決勝
▽3位決定戦
△2―2ニュージーランド
●0―1米国
○5―1ノルウェー
○2―0中国
●2―4米国
●0―2ドイツ

■団体球技のホッケー、水球、バスケットボール、バレーボール、ハンドボールの日本の出場歴

 女子のホッケーは、5大会連続で出場できなかったが、アテネ、北京の両五輪に出場し注目を集めた。ハンドボールは男女とも、ロンドン五輪で久しぶりの出場を目指している。

 (金、銀、銅はメダル。○は出場、×は不出場、―は競技を実施せず)

開催年 開催地 ホッケー 水球 バスケ バレー ハンド
   
1932年 ロサンゼルス
1936年 ベルリン ×
1952年 ヘルシンキ × × ×
1956年 メルボルン × ×
1960年 ローマ
1964年 東京
1968年 メキシコ ×
1972年 ミュンヘン ×
1976年 モントリオール × ×
1984年 ロサンゼルス × × × × ×
1988年 ソウル × × × × × ×
1992年 バルセロナ × × × × × × ×
1996年 アトランタ × × × × × × ×
2000年 シドニー × × × × × × × × × ×
2004年 アテネ × × × × × × ×
2008年 北京 × × × × × × ×

■体操・男子団体総合の日本の成績■女子バレーボールの日本の成績

 五輪では、日本のお家芸とされる競技がある。男子体操は、ローマ五輪から団体総合で5大会連続の金メダル。その後、「金」から遠ざかったが、アテネ五輪で再び王座についた。

 女子バレーボールは、東京五輪で柔道(当時は男子のみ)とともに採用された。女子の日本代表は「東洋の魔女」といわれ、金メダルに輝いた。モントリオール五輪でも優勝したが、それ以後は金メダルがない。

開催年 開催地 【体操の男子団体総合・日本の成績】 【女子バレーボールの日本の成績】
1932年 ロサンゼルス 5位  
1936年 ベルリン 9位  
1948年 ロンドン (日本は不参加)  
1952年 ヘルシンキ 5位  
1956年 メルボルン  
1960年 ローマ  
1964年 東京
1968年 メキシコ
1972年 ミュンヘン
1976年 モントリオール
1980年 モスクワ (日本は不参加)
1984年 ロサンゼルス
1988年 ソウル 4位
1992年 バルセロナ 5位
1996年 アトランタ 10位 1次リーグ敗退
2000年 シドニー 4位 (予選敗退、五輪不出場)
2004年 アテネ 5位(準々決勝 0―3中国)
2008年 北京 5位(準々決勝 0―3ブラジル)

■レスリング・日本の大会別メダル数

 レスリングもお家芸の一つ。ヘルシンキ五輪以降、出場した五輪では途切れることなく、金、銀、銅いずれかのメダルをとっている。女子はアテネ五輪から採用され、アテネ、北京両五輪では、男子より多くのメダルを獲得した。

開催年 開催地 <男子> <女子>
   
1924年 パリ          
1948年 ロンドン (日本は不参加)
1952年 ヘルシンキ        
1956年 メルボルン        
1960年 ローマ          
1964年 東京        
1968年 メキシコ        
1972年 ミュンヘン        
1976年 モントリオール        
1980年 モスクワ (日本は不参加)
1984年 ロサンゼルス      
1988年 ソウル        
1992年 バルセロナ          
1996年 アトランタ          
2000年 シドニー          
2004年 アテネ    
2008年 北京  

■女子種目の増加

 五輪の大きな変化は商業化、プロ化と、女子種目の増加といえるだろう。モントリオール五輪以降、大会毎に何らかの女子競技・種目が新採用されている。

 ソフトボールでは日本が活躍し、初採用のアトランタは4位、シドニーで銀メダル、アテネは銅メダル、北京五輪で悲願の金メダルを獲得したが、2012年ロンドン五輪では実施されない。

 逆に、ロンドン五輪では、女子ボクシングが新採用される。

 ちなみに、冬季五輪では、1998年の長野五輪で女子アイスホッケーが採用された。2014年のソチ五輪では、女子ジャンプが新たに実施される。

【各五輪で新たに採用された女子の競技・種目】
1964年 東京 ○バレーボール
1976年 モントリオール ○バスケットボール
○ハンドボール
1980年 モスクワ
(日本は不参加)
○ホッケー
1984年 ロサンゼルス ○自転車
□陸上 マラソン、400メートル障害、七種競技
1988年 ソウル (公開競技として柔道)
□陸上 1万メートル
1992年 バルセロナ ○柔道
1996年 アトランタ □陸上 三段跳び、5000メートル
○ソフトボール
2000年 シドニー ○ウエイトリフティング
○水球
□陸上 棒高跳び、ハンマー投げ 20キロ競歩
2004年 アテネ ○レスリング
2008年 北京 □陸上 3000メートル障害