▽見つかりショック

  バンコクの病院で約16年前、生まれたばかりの双子の1人が病院のミスで別の赤ん坊と入れ替わり、別の家庭で育っていたことが、このほど判明した。タイ紙ネーションが報じた。
 これまで双子の姉妹として育ったアリサさんとラリタさんは、同級生らに「双子なのに似てない」とからかわれていた。
 ところが、2人の友人が偶然、アリサさんとそっくりのサンさんを見つけてびっくり。3人が同じ日に同じ病院で生まれたことが分かり、病院も取り違えミスの可能性を認めた。
 事実を知った3人は大ショック。16年間暮らした姉妹や家族と離れることを悲しんで泣く日々が続き、両家族は結局、今まで通りの生活を続けることにした。(11.9 バンコク 共同)

▽消えてショック

  ロンドンのテムズ川支流リー川で、法律で保護が義務付けられている大量のハクチョウが突然姿を消す珍事があり、警察が沿岸のパトロールを始めた。
 ハクチョウは今ほとんど食べる人がいないが、かつては珍味とされていた。「やりで刺されて運ばれるのを見た」との目撃証言もあり、食用にするため捕獲されたのではとの憶測も。
 ロンドンのハクチョウは15世紀から所有権を持つとされる民間会社2社とエリザベス女王の共同所有物。危害を加えた場合、罰金5000ポンド(約95万円)か禁固6月が科される。(11.9 ロンドン AP=共同)


INDEX