The Kyoto Shimbun News


10月26日(日)

神への手紙

 イスラエルの郵便局には、あて先に「エルサレムの神」などと書かれた手紙が毎年、何百通と届き、「私を大富豪に」といった欲深い願いが書かれていたりする。
 そんな中、ある男性から「1200ドル(約13万円)を授けて下さい」とやや謙虚な手紙が届き、文面につづられた男性の悩みにも心動かされた郵便局職員は1000ドルを同僚から募り返送した。
 しかし、2カ月後に男性からきた手紙に一同がっかり。感謝の言葉があるかと思えば「現金の一部が抜き取られています。次回は郵送しないで下さい」。

写真=エルサレムの郵便局に届いた「イスラエルの神」あての手紙(ロイター=共同)

バックナンバー

[ 閉じる ]

Copyright(c) 2003 The Kyoto Shimbun Co.,Ltd. (著作権は京都新聞社ならびに一部共同通信社に帰属します)