出版案内
福祉事業団
47NEWS

市民の放射能検査に貢献 伏見の測定所、開設1年

「京都・市民放射能測定所」が使っている放射性物質の測定器(京都市伏見区)
「京都・市民放射能測定所」が使っている放射性物質の測定器(京都市伏見区)

 市民が食品を持ち込んで放射性物質を検査する「京都・市民放射能測定所」が、京都市伏見区両替町に開設されて1周年を迎える。農産物など約600検体を測定し安全性の確認に努めてきた。19日に記念の集いを開く。

 福島第1原発事故を受け、食品の放射能汚染を監視するため市民や東北からの避難者で昨年5月20日に立ち上げた。約20人のボランティアが運営し、ベラルーシ製の測定器を使っている。今年2月に下京区室町通高辻上ルにも測定室を設けた。

 会員制で現在約240人。関西初の市民測定所で府外の会員も100人近くいる。検体は、米や野菜などの農産物が多く、加工品や魚類もある。産地は東北や近畿など幅広い。

 これまで、国の基準値の100ベクレルに近い数値は出ていないという。奥森祥陽代表(54)は「国の検査では細かい数値は公表されず、食品の個体差も大きい。100ベクレルという安全基準も根拠が不明確だ」と指摘する。

 今後、専従スタッフを置いたり、NPO法人化など、測定所の体制強化を検討する。この1年で奈良市や兵庫県西宮市でも市民測定所が発足したため、「関西ネットワーク」として連携を強化する。

 記念の集いは19日午前10時半から、市呉竹文化センター(伏見区)で開く。内部被ばく問題を取材するフリーライターの守田敏也さんや、各地の市民測定所の関係者が講演する。参加費は会員500円、一般800円。問い合わせは奥森代表携帯電話090(8232)1664。

【 2013年05月17日 11時11分 】

ニュース写真

  • 「京都・市民放射能測定所」が使っている放射性物質の測定器(京都市伏見区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      送還中急死、不起訴に申し立て
      ガーナ人遺族、検察審査会に

      20140418000063

       強制送還中のガーナ人男性が2010年3月、航空機内で東京入国管理局の職員らに取り押さえ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      米女子ゴルフ、野村が9位浮上
      上原は20位後退、第2R

      20140418000060

       【カポレイ(米ハワイ州)共同】米女子ゴルフのロッテ選手権は17日、米ハワイ州カポレイの..... [ 記事へ ]

      経済

      ビックカメラも格安スマホ
      大手流通で相次ぐ参入

      20140418000077

       家電量販店大手のビックカメラは18日、安価なスマートフォンの販売を始めたと発表した。コ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の魅力、12カ国語で発信 DVD新版作成

      20140418000074

       京都市は、京都の魅力を海外に発信するDVDに4カ国語を追加した12カ国語版を作成した。..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京大に京都文化学ぶ講座 京野菜、旅プラン創造など

      20140418000023

       京都を舞台に、文化を学び、地域の課題の解決に取り組む講義を京都大が今春から始めた。京野..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      猿橋賞に大分大の一二三恵美教授
      病原体を分解する抗体開発

      20140417000097

       自然科学分野の優れた女性科学者をたたえる「猿橋賞」を、大分大の一二三恵美教授(50)に..... [ 記事へ ]