出版案内
福祉事業団

幻の「若冲の花」分析 京都・信行寺の天井画167面

信行寺の格天井を埋める若冲の「花卉図」(京都市左京区北門前町)
信行寺の格天井を埋める若冲の「花卉図」(京都市左京区北門前町)

 江戸時代の絵師伊藤若冲が晩年手がけた幻の天井画が、京都市左京区の信行寺にある。計168の格子面に1種類ずつ花が描かれ、「花卉(かき)図」と呼ばれるこの作品について、植物学者による品種の同定や、他の若冲作品との比較などを試みた書籍「若冲の『花』」がこのほど出版された。

 「花卉図」は若冲が83歳頃に描き上げたとされ、もとは晩年を過ごした石峰寺(伏見区)の観音堂の天井画だった。明治初期に古美術商の手に渡り、信行寺の檀家(だんか)が買い取って寄進したと伝わる。昨秋初めて、期間限定で一般公開されて注目を浴び、若冲生誕300年の今年も11月10日から13日まで一般公開される。

 「若冲の『花』」では、理学博士光田重幸さん(植物分類学)が、167面(一つは落款)の花すべての品種を検討し、一覧表にしている。描かれた花々について「江戸中期の栽培植物のタイムカプセル」と評し、「渡来して間もない珍奇な植物や、食用だった野菜・園菜類まで取り上げられている」と記す。

 分析の結果、特定しきれない作品は残るものの、これまでの解釈に約20カ所の変更を加えた。さらに、「トリカブト」と判明していた絵を「ハナトリカブト」とするなど、約50種について品種名まで絞り込んだ。

 また牡丹(ぼたん)、菊、梅など複数枚に描かれた花を中心に拡大写真を掲載、動植綵絵(さいえ)などの花と比較して、若冲の観察眼の正確さを浮かび上がらせた。監修した美術史家の辻惟雄さんは、円形の画面に収まる花々について「奇抜なデザインによって動きを与えられ、まるで動物のように描かれた植物たち。それは面白さと同時に緊張感さえ醸しています」と表現している。

 「若冲の『花』」は朝日新聞出版刊、2160円。花卉図の特別公開は11月10日のみ講演とセットで事前申し込み制、市文化市民局TEL075(366)0033へ。11~13日は午前9時~午後4時。申し込み不要。問い合わせは信行寺TEL075(771)1769。いずれも有料。

【 2016年09月27日 19時37分 】

ニュース写真

  • 信行寺の格天井を埋める若冲の「花卉図」(京都市左京区北門前町)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      舞鶴医療センターに緩和ケア病棟開設 京都府北部初

      20180122000133

       終末期のがん患者らに心身の苦痛を和らげ、穏やかな雰囲気で過ごしてもらう「緩和ケア病棟」..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      NHL、Gナイツが好調キープ
      第16週が終了

      20180122000134

       【ニューヨーク共同】北米プロアイスホッケーNHLは21日、第16週が終了し、西カンファ..... [ 記事へ ]

      経済

      「空気読む」技術開発 京都のIT企業など新サービス

      20180122000131

       IT企業や大手電子部品メーカーが、「空気を読む」技術を開発している。ロボットやスマート..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      博物館巡りインスタ映えスイーツ 京都の5館が限定企画

      20180122000137

       京都市内の博物館・美術館を巡り多様な文化に触れる催し「京都ミュージアムロード」が24日..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      遺骨返還の風、京大拒否 <標本にされた「祖先」>

      20180122000102

       昨年11月13日、京都市伏見区の龍谷大深草キャンパス。北海道から「コタンの会」代表清水..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      31日に全国で「皆既月食」
      妖しい色、観察チャンス

      20180121000076

       月が地球の影にすっぽり隠れる「皆既月食」が今月31日夜に日本各地で起きる。夜中までの比..... [ 記事へ ]