出版案内
福祉事業団

清水寺ふき替え「素屋根」が守る 半世紀ぶり修理、本格化へ

(上)1964~67年の修理の際、清水寺本堂の周囲で組まれていく素屋根(府教委文化財保護課提供)
(下)半世紀ぶりに屋根が全面的にふき替えされる清水寺本堂(京都市東山区)
(上)1964~67年の修理の際、清水寺本堂の周囲で組まれていく素屋根(府教委文化財保護課提供) (下)半世紀ぶりに屋根が全面的にふき替えされる清水寺本堂(京都市東山区)

 「平成の大修理」が進む京都市東山区の清水寺で、本堂(国宝)の檜皮(ひわだ)ぶき屋根のふき替え工事が今月から本格化する。全面ふき替えは半世紀ぶり。修復中の建物を保護する「素屋根」の組み立てが6日から始まる。

 京都府教育委員会は2008年度から、本堂や重要文化財の奥院など計9棟の修復事業(総工費40億円)を進めている。

 江戸時代の1633年に再建された本堂のふき替えは1964~67年に実施して以来。屋根の面積が約2050平方メートルと広大なため、檜皮の確保を2009年度から行ってきた。工事は20年3月までを見込む。

 素屋根は幅約48メートル、奥行き約42メートルで、今年6月までの完成を目指す。本堂の屋根部分のみを鉄板屋根とシートで覆い、工事期間中も「清水の舞台」からの眺望を確保する。

 前回のふき替えにも携わった森孝忍法務・執務部長(72)は「次回は何十年先になるか分からない。100年先を見据えた伝統建築の修理の知恵や技術を紹介する機会にしたい」と話す。修理を担う府教委文化財保護課と協議し、毎年の文化財保護強調週間(11月1~7日)などでの現場公開を検討していくという。

【 2017年02月04日 22時50分 】

ニュース写真

  • (上)1964~67年の修理の際、清水寺本堂の周囲で組まれていく素屋根(府教委文化財保護課提供)
(下)半世紀ぶりに屋根が全面的にふき替えされる清水寺本堂(京都市東山区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      九州のよさこい踊り一堂に、熊本
      復興願い、学生ら企画

      20170325000119

       九州・沖縄を中心とするよさこい踊りや伝統芸能のチームが集まるイベント「九州がっ祭」が2..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー日本代表が練習再開
      小林ら合流

      20170325000129

       サッカー日本代表は25日、ワールドカップ(W杯)アジア最終予選B組のタイ戦(28日・埼..... [ 記事へ ]

      経済

      豪華客船、20年4月就航狙う
      両備HD、水戸岡氏設計

      20170325000107

       両備ホールディングス(HD)=岡山市=は25日、JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「子安地蔵」を伝える紙芝居、26日上映会 京都・宮津

      20170325000085

       安産の御利益があると伝わる神宮寺(京都府宮津市中津)の秘仏「子安地蔵」が4月29日に3..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「今までありがとう」、学びやに幕 3小学校で閉校式、京都

      20170325000064

       学校統合により今月末で閉校する醒泉小と淳風小(ともに京都市下京区)、二の丸北小(伏見区..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「挑戦し続けることが大切」 京都、飛行士の山崎さん講演

      20170325000044

       宇宙飛行士の山崎直子さん(46)を招いた講演会が24日、京都府京丹後市峰山町の府丹後文..... [ 記事へ ]