出版案内
福祉事業団

和食研究の広がり探る 京都の大学関係者集いシンポ

和食研究の広がりについて話し合われたシンポジウム(京都市左京区、府立京都学・歴彩館)
和食研究の広がりについて話し合われたシンポジウム(京都市左京区、府立京都学・歴彩館)

 食文化を学際的に研究する「和食文化の大学コンソーシアム」準備会発足を記念し、和食や日本文化の研究者が集うシンポジウムが28日、京都市左京区の府立京都学・歴彩館(旧総合資料館)で開かれた。

 シンポジウムでは、大学が集まって和食を研究する意義が話し合われた。府立大京都和食文化研究センターの佐藤洋一郎特任教授は、関西は分野横断的な研究を進めやすく、「和食のような幅広い学問を、京都で研究することに意味がある」と語った。

 歴彩館の金田章裕館長は、京都学を主題とする同館の活動を説明し、「和食も重要な主題の一つ。特に外国人の研究者を受け入れたい」とした。府立大の築山崇学長は、同大学が府立医科大や京都工芸繊維大と教育や研究面で連携することに触れ、「和食と健康は典型的なテーマになる。社会人にも科目履修に参加してほしい」と呼び掛けた。

 コンソーシアム準備会は京都の食に関する学部、学科の研究者らが集まり構成する。1日も比較食文化学などを主題に議論が行われる。

【 2017年03月01日 09時19分 】

ニュース写真

  • 和食研究の広がりについて話し合われたシンポジウム(京都市左京区、府立京都学・歴彩館)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      パンタグラフ損傷、別車両も
      岐阜駅で運転見合わせの東海道線

      20171212000146

       愛知県内を走行中のJR東海道線の電車4本が、パンタグラフが破損するなどして駅間で立ち往..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー浦和、5位決定戦を制す
      クラブW杯

      20171213000005

       【アルアイン(アラブ首長国連邦)共同】サッカーのクラブワールドカップ(W杯)第3日は1..... [ 記事へ ]

      経済

      IOC委員、東北3県食材に舌鼓
      公式夕食会で

      20171212000220

       2020年東京五輪の準備を監督する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会を迎え、大..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      プロデューサー今野勉さんに蓮如賞 東本願寺で授賞式

      20171212000202

       優れたノンフィクション作品をたたえる「第15回蓮如賞」(本願寺文化興隆財団主催)の授賞..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・大江高生が地元PRツアー企画 旅行会社が販売

      20171211000058

       京都府福知山市大江町金屋の大江高の生徒が、地元の名所を巡る観光ツアーを企画した。ツアー..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      三重で世界2匹目の珍しいハチ
      各地で発見の可能性も

      20171212000195

       三重県総合博物館(津市)は12日、国内で生息が確認されていない珍しいハチが同館の敷地で..... [ 記事へ ]