出版案内
福祉事業団

北陸新幹線新駅「松井山手」検討 京都-新大阪南回り案

北陸新幹線で検討が続く京都-新大阪間
北陸新幹線で検討が続く京都-新大阪間

 北陸新幹線敦賀以西ルートで継続協議となっている京都―新大阪間について、与党検討委員会(委員長・西田昌司自民党参院議員)が京都府南部を経由する南回り案として、京田辺市のJR片町線松井山手駅に接続する駅の設置を検討していることが6日分かった。国土交通省の調査では、費用対効果を示す数値が投資に見合うとされる「1」を上回る見通し。与党は新たに浮上した松井山手駅経由の南回りを採用する方向で調整に入った。

 京都―新大阪間については、運行主体のJR西日本が途中に駅を設けず東海道新幹線の北側を通る北回りを求めているのに対し、京都府が南回りを提案していた。検討委が昨年12月に小浜―京都ルートを決定した際には、国交省の南回りの調査が間に合わず結論は先送りとなっていた。

 関係者によると、松井山手駅付近を経由した場合、建設費はJR西が主張する北回りと比べて高くなるものの、距離や所要時間は大きく変わらない見込み。南回りの懸案とされた費用対効果も「北回りと遜色ない数値」という。

 松井山手駅付近は八幡市や大阪府枚方市に隣接し、大阪府内に通勤、通学する住民が多い新興住宅地が広がる。沿線の関西文化学術研究都市を含め多くの利用者が見込まれるという。与党関係者は「高速道路とのアクセスもいい。京都府南部の地域づくりだけでなく、近畿圏の交通拠点として期待できる」と話す。

 南回りをめぐっては、京都府が学研都市付近(精華・西木津地区)を経由する案を提案したが、国交省の調査で費用対効果の数値が「1」を下回った。さらに奈良県が県内を通過することを拒否したため、検討委は距離が短くなる京田辺市付近を経由する案を検討するよう国交省に指示していた。

 当初はJR片町線京田辺駅と近鉄京都線新田辺駅が近接する京田辺市中心部が有望視されたが、住宅密集地を通ることなどから建設費が膨らみ費用対効果は「1」を下回った。

【 2017年03月07日 08時08分 】

ニュース写真

  • 北陸新幹線で検討が続く京都-新大阪間
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      釧路で9年ぶり流氷初日
      気象台観測

      20170323000004

       北海道の釧路地方気象台は22日、この冬初めて釧路市沖に流氷が到来しているのを肉眼で確認..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      田中は5回1/3を無失点
      フィリーズ戦

      20170323000015

       ▽フィリーズ―ヤンキース(22日・クリアウオーター) ヤンキースの田中は先発で5回1/3..... [ 記事へ ]

      経済

      最小の地震検知部品開発 ローム、コンセントなどに組み込み

      20170323000024

       ロームは住宅の分電盤やコンセントに組み込み、地震を検知するセンサーモジュール(複合部品..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      黒と金の輝き再び 世界遺産、二条城・東大手門修理完了

      20170322000076

       世界遺産・二条城(京都市中京区)で重要文化財「東大手門」の修理が完成し、22日に披露式..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      人気バンドのOBも定演出演 京都・長岡第四中吹奏楽部

      20170322000055

       長岡第四中(京都府長岡京市下海印寺)の吹奏楽部は26日、第20回記念定期演奏会を、同中..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発廃炉へ安全協定改定 滋賀県などと関電・原電

      20170322000148

       滋賀県と高島、長浜両市は、関西電力と日本原子力発電との間でそれぞれ結んでいる原子力安全..... [ 記事へ ]