出版案内
福祉事業団

清酒の香りを数値化、新技術の純米酒発売 黄桜

香り成分を計測する試薬キットを使って黄桜が開発した特別純米酒(京都市中京区)
香り成分を計測する試薬キットを使って黄桜が開発した特別純米酒(京都市中京区)

 清酒の香りを正確にコントロールする技術を、清酒大手の黄桜(伏見区)や分析機器の信和化工(同)などが開発した。これまで職人の感覚に頼っていた香りの管理を試薬キットで行い、成分の濃度を数値化できるため、良質な酒造りにつながる。今回の新技術と伝統的な製造法を融合させた純米酒を24日発売する。

 清酒の輸出が増加傾向にある中、高級ワインに負けない品質を実現しようと、黄桜などが国の支援事業の採択を受け、3年前から研究を進めていた。

 研究グループは、昔ながらの製造法「生酛(きもと)造り」に着目。乳酸を添加せず菌の力で生成するため豊かな味わいが醸し出せる一方、管理が難しく、杜氏(とうじ)の勘に頼るところが大きいため、品質を安定化させるための分析技術の開発に乗り出した。

 まず信和化工が、乳酸菌に含まれる臭気成分で清酒の風味を損なうジアセチルを計る方法を確立。試薬を入れた清酒を分析装置にかけると、ジアセチルの量をグラフで表示できるようにした。作業時間は5分で、費用も安価で済むという。

 黄桜がこの技術を活用。製品評価技術基盤機構(東京都)から提供された20種類以上の乳酸菌株でそれぞれ醸造した清酒を分析にかけ、よりジアセチルが少ない純米酒「のろし」(720ミリリットル入り1296円)の商品化に結びつけた。

 黄桜の若井芳則専務は「香りの感じ方には個人差がある。数値化した製品なら、幅広い愛飲家に受け入れられるのではないか。ほかの酒にも技術を活用したい」と手応えを語った。

【 2017年03月23日 22時20分 】

ニュース写真

  • 香り成分を計測する試薬キットを使って黄桜が開発した特別純米酒(京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      山口市に待望スターバックス
      県庁所在地最後の出店

      20170818000054

       都道府県庁所在地で唯一、スターバックスコーヒージャパン(東京)のカフェが無かった山口市..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ゴルフ石川18位、岩田は出遅れ
      ウィンダム選手権第1日

      20170818000058

       【グリーンズボロ(米ノースカロライナ州)共同】米男子ゴルフのレギュラーシーズン最終戦、..... [ 記事へ ]

      経済

      完熟イチジク、天ぷらもおすすめ 滋賀で収穫最盛期

      20170818000051

       滋賀県栗東市特産のイチジクの収穫が最盛期を迎えている。早朝から各農家が赤紫色に熟した実..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「船渡御」夕暮れの川ゆったり 大津・建部大社の船幸祭

      20170817000167

       大津三大祭りの一つ、建部大社(大津市神領1丁目)の船幸祭(せんこうさい)は17日、本祭..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自転車危険個所、マップに表示 立命大でアプリ作成

      20170815000156

       立命館大の研究者などでつくるプロジェクトがキャンパス周辺での自転車事故を防ごうと、イン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPSで不妊マウスに子 京大など成功、染色体正常に

      20170817000171

       通常は2本の性染色体が3本ある不妊マウスから正常なiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作り..... [ 記事へ ]