出版案内
福祉事業団

京都市交通局がIC定期券導入 乗降データ活用へ 

京都市交通局が4月から導入するICOCA定期券の見本。実物は中央の赤い線がない
京都市交通局が4月から導入するICOCA定期券の見本。実物は中央の赤い線がない

 京都市交通局は4月1日から、JR西日本のIC乗車券「ICOCA(イコカ)」などに、市バスや地下鉄の定期券情報を搭載して発売し、利用を始める。乗客は改札や乗り越し精算がスムーズになる。交通局は乗降データを集積してダイヤ充実に生かす方針だ。

 市交通局はIC乗車券を地下鉄で2007年度、市バスで14年度に導入する一方、定期券は磁気カードや紙で発行してきた。IC定期券の導入により地下鉄改札機で投入口を通さず、カード読み取り部に触れるだけで済み、通勤・通学時間帯の混雑を緩和できる。イコカは現金をチャージ(入金)しておけば切符の購入が不要のため、乗り越し時も精算が自動で行われる。

 現在の市バス定期券は「市内中心フリー」などのエリア指定で、降車時に運転手へ定期券を見せる方式のため、乗降データが解析できていない。ICになれば読み取り部へのタッチで正確なデータを集められ、詳しく解析することで増客策に活用できるという。

 イコカを既に持っている人は、定期券発売所で定期券情報を搭載できる。持っていない人は新規発行にデポジット(カード預り金)500円が必要。交通局は4月以降も要望があれば磁気カードや紙の定期券も発行するが、「IC定期券は紛失時も再発行できる」と利点をアピールする。

 関西の私鉄などが導入しているIC乗車券「PiTaPa(ピタパ)」でも、同様のサービスを4月に始める。専用サイトでよく利用する地下鉄の区間や市バスのエリアを事前登録しておくと、登録した区間やエリアを1カ月間に何回利用しても請求額が通勤定期運賃を超えない。ピタパは利用額が金融機関の口座から引き落とされる後払い式で審査が必要なため、利用者に未成年が含まれる通学定期運賃は登録できない。

 市交通局は定期券発行分のうち地下鉄で95%、市バスで80%がIC化されると見込む。総事業費は16億2千万円。

【 2017年03月30日 22時30分 】

ニュース写真

  • 京都市交通局が4月から導入するICOCA定期券の見本。実物は中央の赤い線がない
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      「アス飯、一人でも多くの方に」 レシピ本出版で山瀬理恵子さん

      20170823000059

       京都新聞朝刊で2014年4月から3年間、アスリート向けのレシピとコラムからなる「アス飯..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      U―18日本代表主将に清宮
      「2年前思い出して」と意気込み

      20170823000107

       野球のU―18(18歳以下)ワールドカップ(9月1日開幕・サンダーベイ=カナダ)に出場..... [ 記事へ ]

      経済

      東証6日ぶり反発、米株高を好感
      1万9500円回復の場面も

      20170823000095

       23日の東京株式市場は前日の米株高を好感して日経平均株価(225種)が6営業日ぶりに反..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      厄よけ祈願、参拝者にぎわう 滋賀・木之本地蔵院で「大縁日」

      20170823000038

       滋賀県長浜市木之本町木之本の木之本地蔵院で22日、恒例の大縁日が始まった。境内や門前は..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      違法薬物、刑事が危険性訴え 京都の小学校で講演

      20170823000036

       違法薬物の危険性について理解を深める教諭対象の研修会が22日、京都市右京区の嵯峨小で開..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      脳科学で子どもの能力開発 京都で産学公プロジェクト

      20170822000199

       京都府が、企業や研究機関、NPO法人と連携し、脳科学などの最先端技術を活用して子どもの..... [ 記事へ ]