出版案内
福祉事業団

タケノコ不作、直売所休業も 京都南部、低温影響?

タケノコの不作による休業を伝える直販所(京田辺市田辺)
タケノコの不作による休業を伝える直販所(京田辺市田辺)

 京都府京田辺市のタケノコが今年、不作に陥っている。同市の生産農家団体の直売所は量を確保できず、休業を重ねる。JA京都やましろ(京田辺市)によると木津川市山城町のタケノコの卸売市場への出荷も例年の1割ほどで、山城地域全体でも不作という。3月の低温が原因とみられ、関係者が心配している。

 同市の京田辺たけのこ生産農家グループ(10戸)は3月25日に直販所を開いた。例年は毎朝計300~400キロほど収穫して市役所近くの直販所に並べるが、今年の量は2割ほどで、小ぶりなタケノコが多いという。29、30日、4月3、4日は販売するタケノコがなく休業、大阪府などから車で訪れた人に謝った。贈答用の注文も受け付けを中断しており、「ここ30年ほどない不作」と嘆く。

 直販所責任者の大崎智之さん(45)は「夜間の気温が低く、タケノコが土中で育っていないのだろう。5年前も不作だったが、4月10日ごろから気温が上がって盛り返した。暖かい日が続けばいいが」と話す。

 タケノコの不作は全国各地から伝えられている。JA京都やましろは「豊作の場所もあるが、山城地域全体では不作傾向」といい、天候不順に加え、農家の高齢化で竹林の手入れが行き届かないのも一因とする。京田辺市農政課は「3月の低い気温がタケノコの生産量低下につながっている。茶などにも影響しなければいいが」と心配している。

【 2017年04月05日 12時34分 】

ニュース写真

  • タケノコの不作による休業を伝える直販所(京田辺市田辺)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      1型糖尿病患者が集団提訴、大阪
      障害年金の支給求め

      20171120000123

       血糖を下げるインスリンが体内でつくれなくなる1型糖尿病の患者9人が20日、病状が改善し..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      王者・拳四朗選手の一日追う 山道はって鍛錬

      20171120000088

       京都府城陽市出身で、年末に2度目の防衛戦が決まったボクシング世界WBCライトフライ級王..... [ 記事へ ]

      経済

      東証反落、終値135円安
      円高で業績期待が後退

      20171120000090

       週明け20日の東京株式市場は外国為替相場が円高に振れたことで企業業績拡大への期待が後退..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      紫式部文学賞、津村記久子さんに贈呈 京都・宇治

      20171120000028

       女性作家の優れた文学作品に贈る「第27回紫式部文学賞」(京都府宇治市主催)の贈呈式が1..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      博物学の変遷たどる70点 京都、学校歴博で教材展示

      20171120000082

       明治初期から昭和初期にかけて、学校における博物学教育の変遷を紹介した企画展「学校と博物..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ビワマス遡上「今年こそ」 滋賀・野洲に魚道設置

      20171120000079

       滋賀県の野洲市中心部まで琵琶湖固有種のビワマスが遡上(そじょう)する光景を復活させよう..... [ 記事へ ]