出版案内
福祉事業団

タケノコ不作、直売所休業も 京都南部、低温影響?

タケノコの不作による休業を伝える直販所(京田辺市田辺)
タケノコの不作による休業を伝える直販所(京田辺市田辺)

 京都府京田辺市のタケノコが今年、不作に陥っている。同市の生産農家団体の直売所は量を確保できず、休業を重ねる。JA京都やましろ(京田辺市)によると木津川市山城町のタケノコの卸売市場への出荷も例年の1割ほどで、山城地域全体でも不作という。3月の低温が原因とみられ、関係者が心配している。

 同市の京田辺たけのこ生産農家グループ(10戸)は3月25日に直販所を開いた。例年は毎朝計300~400キロほど収穫して市役所近くの直販所に並べるが、今年の量は2割ほどで、小ぶりなタケノコが多いという。29、30日、4月3、4日は販売するタケノコがなく休業、大阪府などから車で訪れた人に謝った。贈答用の注文も受け付けを中断しており、「ここ30年ほどない不作」と嘆く。

 直販所責任者の大崎智之さん(45)は「夜間の気温が低く、タケノコが土中で育っていないのだろう。5年前も不作だったが、4月10日ごろから気温が上がって盛り返した。暖かい日が続けばいいが」と話す。

 タケノコの不作は全国各地から伝えられている。JA京都やましろは「豊作の場所もあるが、山城地域全体では不作傾向」といい、天候不順に加え、農家の高齢化で竹林の手入れが行き届かないのも一因とする。京田辺市農政課は「3月の低い気温がタケノコの生産量低下につながっている。茶などにも影響しなければいいが」と心配している。

【 2017年04月05日 12時34分 】

ニュース写真

  • タケノコの不作による休業を伝える直販所(京田辺市田辺)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      「平和な子ども描けない」
      安保訴訟で児童文学作家那須さん

      20170426000128

       安全保障関連法は違憲として、山口県の116人が国に1人当たり10万円の慰謝料を求めた訴..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      五輪、ラグビーW杯組織委が協定
      大会の成功へ連携

      20170426000138

       2020年東京五輪・パラリンピックとラグビーの19年ワールドカップ(W杯)日本大会の両..... [ 記事へ ]

      経済

      ヤフー、初の減益決算
      売上高は20期連続増収

      20170426000119

       ヤフーが26日発表した2017年3月期連結決算は、純利益が前期比20・4%減の1365..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      草間彌生さんら京都のメイン行事に 日中韓交流イベント

      20170426000070

       2月に開幕した日中韓交流イベント「東アジア文化都市2017京都」(京都市、同実行委主催..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      イラク帰還兵「社会復帰難しい」 京都の高校で講義

      20170426000046

       憲法施行70年(5月3日)を前に、高校生が憲法問題や平和、戦争について考える集会が25..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      野外のコウノトリふ化、島根
      特別天然記念物、ひな1羽確認

      20170426000123

       島根県雲南市教育委員会は26日、国の特別天然記念物コウノトリのつがいが同市内で育ててい..... [ 記事へ ]