出版案内
福祉事業団

タケノコ不作、直売所休業も 京都南部、低温影響?

タケノコの不作による休業を伝える直販所(京田辺市田辺)
タケノコの不作による休業を伝える直販所(京田辺市田辺)

 京都府京田辺市のタケノコが今年、不作に陥っている。同市の生産農家団体の直売所は量を確保できず、休業を重ねる。JA京都やましろ(京田辺市)によると木津川市山城町のタケノコの卸売市場への出荷も例年の1割ほどで、山城地域全体でも不作という。3月の低温が原因とみられ、関係者が心配している。

 同市の京田辺たけのこ生産農家グループ(10戸)は3月25日に直販所を開いた。例年は毎朝計300~400キロほど収穫して市役所近くの直販所に並べるが、今年の量は2割ほどで、小ぶりなタケノコが多いという。29、30日、4月3、4日は販売するタケノコがなく休業、大阪府などから車で訪れた人に謝った。贈答用の注文も受け付けを中断しており、「ここ30年ほどない不作」と嘆く。

 直販所責任者の大崎智之さん(45)は「夜間の気温が低く、タケノコが土中で育っていないのだろう。5年前も不作だったが、4月10日ごろから気温が上がって盛り返した。暖かい日が続けばいいが」と話す。

 タケノコの不作は全国各地から伝えられている。JA京都やましろは「豊作の場所もあるが、山城地域全体では不作傾向」といい、天候不順に加え、農家の高齢化で竹林の手入れが行き届かないのも一因とする。京田辺市農政課は「3月の低い気温がタケノコの生産量低下につながっている。茶などにも影響しなければいいが」と心配している。

【 2017年04月05日 12時34分 】

ニュース写真

  • タケノコの不作による休業を伝える直販所(京田辺市田辺)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      京都・与謝野の温泉施設、改修へ 存続要望に応え

      20180122000115

       京都府与謝野町は、同町岩滝の温泉施設「クアハウス岩滝」を改修する方針を決めた。開設から..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      NFL、ペイトリオッツSB進出
      イーグルスは13季ぶり

      20180122000020

       【フォックスボロ(米マサチューセッツ州)共同】米プロフットボール、NFLのプレーオフは..... [ 記事へ ]

      経済

      ピジョン、ベビーカーを無償交換
      1万1千台

      20180122000082

       ピジョンは22日、ベビーカー「ビングル」の一部で前輪が動きにくくなる可能性があるとして..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「地酒電車」今年も運行 近江鉄道、11銘柄飲み放題

      20180122000101

       列車に揺られながら日本酒を楽しむ「近江の地酒電車」が26日から運行を開始する。滋賀の1..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      希望の春へ願書到着 国公立大2次試験、受け付け開始

      20180122000067

       国公立大の2018年度一般入試2次試験の願書受け付けが22日、各大学で始まった。受験生..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      31日に全国で「皆既月食」
      妖しい色、観察チャンス

      20180121000076

       月が地球の影にすっぽり隠れる「皆既月食」が今月31日夜に日本各地で起きる。夜中までの比..... [ 記事へ ]