出版案内
福祉事業団

京都の時代劇職人はアーティスト 研究家ら講演

京都文化の継承について対談する春日太一さん(中央)と柾木良子さん(右)=8日、京都市中京区・京都新聞文化ホール
京都文化の継承について対談する春日太一さん(中央)と柾木良子さん(右)=8日、京都市中京区・京都新聞文化ホール

 京都新聞の魅力や地域での役割を市民に伝える「第2回読者交流フォーラム」(京都新聞主催)が8日、京都市中京区の京都新聞文化ホールで開かれた。「あかんやつら 東映京都撮影所血風録」などの著書がある時代劇研究家の春日太一さんとNPO法人「京の美」代表で着物講師の柾木良子さんが、約300人の参加者を前に次代に伝えたい京都文化について語り合った。

 日本大大学院生時代に時代劇の研究を志し、京都太秦の撮影所に飛び込んだ春日さんは「京都の時代劇職人たちの凄(すご)み」と題して講演した。テレビの連続時代劇は回ごとに監督が異なっても映像がさほど変わらない理由を、「時代劇は撮影や照明、美術、殺陣などを同じスタッフが作り上げているからだ」と説明した上で、「彼らは一人一人がアーティストだ。その職人技に注目すると時代劇がもっと楽しめる」とアドバイスした。

 後半では、東映京都撮影所で女優として過ごした経験もある柾木さんが加わり対談した。高校での「ゆかた授業」の講師を続ける柾木さんは、和装文化を若い人に継承するためには「足し算や引き算を学ぶのと同じような感覚で、着物を教育の中に取り入れることが大切だ」と提言した。

【 2017年04月08日 22時20分 】

ニュース写真

  • 京都文化の継承について対談する春日太一さん(中央)と柾木良子さん(右)=8日、京都市中京区・京都新聞文化ホール
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      女性不明、頭部遺棄認める供述
      米国籍男、現場に消臭剤の形跡

      20180225000092

       兵庫県三田市の女性会社員(27)が行方不明になり、大阪市西成区の民泊施設で女性とみられ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      国旗別々で合同の入場行進
      閉会式では南北関係者に温度差

      20180226000001

       【平昌共同】きらびやかなライトに照らされ、韓国と北朝鮮の選手らが入り交じるように入場す..... [ 記事へ ]

      経済

      京都・二条城の散策、手ぶらでOK 手荷物預かり所開設

      20180225000113

       外国人観光客らが手ぶらで二条城(京都市中京区)を散策できるように、城内の東大手門近くに..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      華やか芸舞妓、梅花祭彩る 京都・北野天満宮

      20180225000119

       梅をこよなく愛した菅原道真の遺徳をしのぶ「梅花祭」が25日、京都市上京区の北野天満宮で..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      春目指し京都・滋賀で1万5千人 国公立大2次試験始まる

      20180225000121

       国公立大の2次試験前期日程が25日、全国の大学で始まった。165大学570学部に25万..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]