出版案内
福祉事業団

「おもいやり駐車場」不適正利用52% 京都府、周知強化へ

高齢者や障害者らを対象にした「おもいやり駐車場」。協力施設の増加と制度の周知が課題となっている(京都市上京区・府庁)
高齢者や障害者らを対象にした「おもいやり駐車場」。協力施設の増加と制度の周知が課題となっている(京都市上京区・府庁)

 高齢者や障害者らの専用駐車スペース「京都おもいやり駐車場」を設けている施設の半数以上が、対象外の人に使われる「不適正利用」が減っていないと感じていることが、京都府のアンケートで分かった。制度導入から5年以上が過ぎたが、趣旨が府民に浸透しているとは言い難く、府は「広報を強化したい」としている。

 制度は障害者用駐車スペースの利用マナーの向上を目的に、府が2011年創設した。府は要介護1~5の高齢者や妊産婦、けが人らに保健所など10カ所で利用証を発行し、おもいやり駐車場に止める場合、利用証の掲示を求めている。また、協力施設には駐車場にステッカーを貼るなどして、対象者以外は駐車させないよう呼び掛けている。

 昨年9~10月に協力施設1256カ所(557カ所が回答)を対象にアンケートしたところ、登録前と比べた不適正利用数について「変わらない」との回答が52%を占め、「減った」は15%。「分からない」は33%だった。

 一方、利用証を交付された高齢者や障害者のうち700人へのアンケート(408人が回答)では、制度導入後に「車を止めやすくなった」と回答した人が65%に達したが、「ほとんど止められない」「混雑時以外でも止められない」と感じている人も合わせて47%に上った。

 利用証の発行数は今年2月現在で1万1326件だが、協力施設数はスーパーや公共施設を中心に1311カ所と少ない。京都府福祉・援護課は「おもいやり駐車場を増やすとともに、制度の周知徹底を図りたい」としている。

【 2017年04月09日 22時00分 】

ニュース写真

  • 高齢者や障害者らを対象にした「おもいやり駐車場」。協力施設の増加と制度の周知が課題となっている(京都市上京区・府庁)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      白タク容疑で中国人逮捕
      箱根観光、往復で13万円

      20180122000084

       外国人観光客を乗せて無許可のタクシー営業(白タク行為)をしたとして、警視庁交通捜査課は..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      2月東京マラソンに設楽悠ら招待
      前回優勝のキプサングも

      20180122000074

       東京マラソン(2月25日)の招待選手が22日発表され、ハーフマラソン日本記録保持者の設..... [ 記事へ ]

      経済

      ピジョン、ベビーカーを無償交換
      1万1千台

      20180122000082

       ピジョンは22日、ベビーカー「ビングル」の一部で前輪が動きにくくなる可能性があるとして..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      アリペイで中国人需要取り込み 京都・亀岡で導入店増加

      20180122000061

       増え続ける中国人観光客に対応しようと、京都府亀岡市内の商店でつくる亀岡商業協同組合が中..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      希望の春へ願書到着 国公立大2次試験、受け付け開始

      20180122000067

       国公立大の2018年度一般入試2次試験の願書受け付けが22日、各大学で始まった。受験生..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      31日に全国で「皆既月食」
      妖しい色、観察チャンス

      20180121000076

       月が地球の影にすっぽり隠れる「皆既月食」が今月31日夜に日本各地で起きる。夜中までの比..... [ 記事へ ]