出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

江戸の参拝、にぎわい緻密に 京都・北野天満宮が屏風初公開

武士や町衆の姿が生き生きと描かれた「北野・東山遊楽図屏風」(京都市上京区・北野天満宮)
武士や町衆の姿が生き生きと描かれた「北野・東山遊楽図屏風」(京都市上京区・北野天満宮)

 京都市内の寺社18カ所で28日に始まる「春期京都非公開文化財特別公開」で、上京区の北野天満宮が江戸前期の「北野・東山遊楽図屏風(びょうぶ)」を初めて一般公開する。同天満宮をはじめ、八坂神社(東山区)や清水寺(同)が参拝者でにぎわう様子を伝える。

 屏風は六曲一双で武士や僧侶、町衆など多くの人物が描き込まれている。右隻の東山地域では、清水寺の舞台で酒宴に興じる人々や鴨川で泳ぐ男性が見え、左隻の北野地域には、慶長12(1607)年造営の天満宮の社殿(国宝)や象徴的な木「影向松(ようごうのまつ)」、明治期の神仏分離まで存在した多宝塔や北野経王堂が描かれる。

 約30年前に天満宮に寄贈された。加藤迪夫権宮司は「当時の京都の町や人がよく描かれている。現在の境内と見比べてもらいたい」と話す。特別公開は京都古文化保存協会(左京区)などの主催。5月7日まで。大人800円、中高生400円。

【 2017年04月27日 17時00分 】

ニュース写真

  • 武士や町衆の姿が生き生きと描かれた「北野・東山遊楽図屏風」(京都市上京区・北野天満宮)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      両陛下、学士院賞授賞式に
      退位控え、最後の機会

      20180625000081

       天皇、皇后両陛下は25日、東京・上野の日本学士院会館を訪れ、日本学士院賞の第108回授..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      新大関栃ノ心、気持ち新た
      番付「字が大きくなった」

      20180625000063

       新大関の栃ノ心が25日、愛知県春日井市の春日野部屋の宿舎で記者会見し、番付表を見て「字..... [ 記事へ ]

      経済

      三村氏が相談役退任、新日鉄住金
      制度は継続

      20180625000075

       新日鉄住金は25日、三村明夫相談役が同日付で退任したと発表した。任期5年の社内規定に基..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      アジサイ5千株、梅雨の晴れ間に彩り 京都・柳谷観音

      20180625000039

       京都府長岡京市浄土谷の柳谷観音楊谷寺で24日、恒例の「あじさいまつり」が開かれた。梅雨..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      田んぼの水路、小ブナぴちぴち 滋賀で観察会、30センチ大物も

      20180625000032

       田んぼの水路で魚を捕まえたり観察したりする催しが24日、滋賀県彦根市田附町の水田で開か..... [ 記事へ ]