出版案内
福祉事業団

京町家、7年で5600軒減 京都市調査、14%が空き家

京都市内の京町家調査の結果
京都市内の京町家調査の結果

 京都市の歴史的な街並みを象徴する京町家は2016年度に約4万軒あり、7年間で約5600軒減少したと、市が1日に発表した。市などが09年度までの2年間に行った前回調査で存在を確認した約4万7千軒を追跡調査した結果、分かった。年平均800軒、1・7%のペースで減っており、市は「市民らと危機感を共有し、今後の支援策に生かす」としている。

 前回調査で確認した4万7735軒全てを対象に、昨年9月から今年3月に外観を調べた。エリアは戦前に市街化された地域(上京、中京、東山、下京区のほぼ全域と、北、左京区の一部)や、伏見区の旧市街地、鞍馬、旧東海道、西国、山陰などの街道沿い。

 その結果、現存していたのは4万146軒。取り壊しや建て替えによる「滅失」が5602軒あった。路地奥などにあり調査できなかった建物は1987軒。年平均の減少率は約1・7%で、前回調査の際に過去の小規模調査と比較した減少率(1・6%)と、ほぼ同じだった。

 現存する京町家のうち、空き家の割合は14・5%。電気メーターの動きや表札の有無を基に推定した。前回調査時から4ポイント上昇し、京町家以外の住宅も含めた市内の空き家率(14%、13年調査)に近い値となった。

 京町家の減少に歯止めをかけるため、市は地区や家屋を絞り、所有者に取り壊しの事前届け出を義務化する制度を盛り込んだ「(仮称)京町家保全・活用推進条例」を9月市議会に提案する予定。

 市まち再生・創造推進室は「京町家所有者への支援策を強化しており、減少を一定程度は抑えられているが、危機的状況は変わりない。京町家の価値を幅広く共有し、保全の機運を高めたい」としている。

・京町家 京都市は1950年の建築基準法施行より前に、伝統軸組構法で建てられた木造建築物を対象として、調査や関連施策を進めている。外観上は、土壁や出格子、虫籠(むしこ)窓などがあるのが特徴で、建物の前面だけを店舗用に改装した「看板建築」も含まれる。

【 2017年05月02日 08時40分 】

ニュース写真

  • 京都市内の京町家調査の結果
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      20万人減時代へ周辺部対応に重点 京都市が検討本格化

      20170627000021

       京都市は今後20年余りで人口が約20万人減少する見通しを踏まえ、「持続可能な都市づくり..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      新大関高安が本格始動
      稀勢の里と15番「いい汗」

      20170627000054

       大相撲の新大関高安が27日、愛知県長久手市の田子ノ浦部屋で名古屋入り後初の朝稽古を行い..... [ 記事へ ]

      経済

      滋賀のこだわり商品130点 「モノづくり展」地元初開催

      20170627000063

       信楽焼の照明器具や朝宮茶など湖国発のこだわりの工芸品や茶、地酒などを紹介する「滋賀のモ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国宝・二王門、ネットで修復費募る 京都・光明寺

      20170627000065

       府北部唯一の国宝建造物、光明寺二王門(綾部市睦寄町)の修復で、28日から事業費の一部を..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      不当要求に対する基本方針策定 京都府立医大で調査委会合

      20170626000131

       京都府立医科大付属病院の虚偽診断疑惑などを検証する府公立大学法人の調査委員会の第3回会..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      石見銀山の江戸期鉱石、大量発見 京都で研究進む

      20170626000016

       世界文化遺産の石見銀山(島根県大田市)で江戸時代に採掘された鉱石の標本資料がまとまって..... [ 記事へ ]