出版案内
福祉事業団

歩数計と連動、安否確認アプリ 京都の79歳が開発

歩数計とスマホを使った安否確認システムを説明する登尾さん(右)=精華町南稲八妻・町役場
歩数計とスマホを使った安否確認システムを説明する登尾さん(右)=精華町南稲八妻・町役場

 京都府城陽市の高齢男性が歩数計と連動して安否確認ができるスマホアプリを開発した。心拍数や歩数などに異常があった場合、知人や家族に連絡が届く仕組み。無料で提供し、同市や精華町の市民グループらが試験運用している。

■緊急時、位置情報付きのメッセージ

 城陽市寺田の登尾猪三郎さん(79)。40代でシステム開発などを手掛けるベンチャー企業を立ち上げた。一線を退いた後は頻繁にフルマラソンを完走するなど運動や健康に関心を深めている。精華町の健康づくり事業などに、パソコンを使った歩数測定で協力してきた。

 アプリの発想は二十数年前。高齢化で見守りをする人が少なくなる将来、パソコンで役に立ちたいと思いついた。実際に開発を始めたのは約5年前で、かつての同僚がボランティアでプログラムを組んだ。

 腕時計型のデジタル歩数計が計測する心拍数や歩数を、複数のスマホで同時に閲覧できる。心拍数が平均値から大きく外れたり、歩数計が一定の時間、動かなかったりする場合、事前に登録している家族らのスマホに、位置情報とともに緊急メッセージが届く。

 8日、同町の健康づくり事業の市民ボランティアスタッフに、登尾さんがシステムの説明をした。スタッフたちは「近所の人に連絡が届くと心強い」と感想を話していた。

 城陽市ではすでに、見守りボランティアグループが実証実験に参加している。登尾さんは「緊急時にこれ以上、早く知らせる方法はないのでは。高齢者自身がスマホを操作する必要もない。利用者の意見を聞いてよりよいものにし、広めていきたい」と意気込んでいる。

【 2017年05月14日 15時30分 】

ニュース写真

  • 歩数計とスマホを使った安否確認システムを説明する登尾さん(右)=精華町南稲八妻・町役場
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      ダウン症理解求めパレード、東京
      みんな笑顔でにぎやかに

      20171119000080

       ダウン症への理解を深めるためのイベント「バディウォーク東京2017」が19日に開かれ、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バド、山口茜がSS4度目の優勝
      中国オープン

      20171119000076

       バドミントンのスーパーシリーズ(SS)中国オープンは19日、福州で各種目の決勝が行われ..... [ 記事へ ]

      経済

      性的少数者の虹色、伝統工芸に 京都で動き広がる

      20171119000048

       京都の伝統工芸の職人の間で、LGBT(性的少数者)の尊厳を象徴するレインボーフラッグを..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      訪日客向けにチケット販売 京都市、システム立ち上げ

      20171119000062

       京都市は、市内の体験施設や公演の有料チケットを簡単に入手できる訪日外国人向けインターネ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      幼稚園定員割れ、市対応に批判相次ぐ 京都・宇治

      20171117000064

       京都府宇治市の市立幼稚園で大幅な定員割れが続いている問題で、市教育委員会は大久保幼稚園..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      森林整備や省エネPR 京都・長岡京で環境フェア

      20171119000028

       京都府長岡京市内で展開している環境活動をPRする「環境フェア」が18日、同市天神4丁目..... [ 記事へ ]