出版案内
福祉事業団

歩数計と連動、安否確認アプリ 京都の79歳が開発

歩数計とスマホを使った安否確認システムを説明する登尾さん(右)=精華町南稲八妻・町役場
歩数計とスマホを使った安否確認システムを説明する登尾さん(右)=精華町南稲八妻・町役場

 京都府城陽市の高齢男性が歩数計と連動して安否確認ができるスマホアプリを開発した。心拍数や歩数などに異常があった場合、知人や家族に連絡が届く仕組み。無料で提供し、同市や精華町の市民グループらが試験運用している。

■緊急時、位置情報付きのメッセージ

 城陽市寺田の登尾猪三郎さん(79)。40代でシステム開発などを手掛けるベンチャー企業を立ち上げた。一線を退いた後は頻繁にフルマラソンを完走するなど運動や健康に関心を深めている。精華町の健康づくり事業などに、パソコンを使った歩数測定で協力してきた。

 アプリの発想は二十数年前。高齢化で見守りをする人が少なくなる将来、パソコンで役に立ちたいと思いついた。実際に開発を始めたのは約5年前で、かつての同僚がボランティアでプログラムを組んだ。

 腕時計型のデジタル歩数計が計測する心拍数や歩数を、複数のスマホで同時に閲覧できる。心拍数が平均値から大きく外れたり、歩数計が一定の時間、動かなかったりする場合、事前に登録している家族らのスマホに、位置情報とともに緊急メッセージが届く。

 8日、同町の健康づくり事業の市民ボランティアスタッフに、登尾さんがシステムの説明をした。スタッフたちは「近所の人に連絡が届くと心強い」と感想を話していた。

 城陽市ではすでに、見守りボランティアグループが実証実験に参加している。登尾さんは「緊急時にこれ以上、早く知らせる方法はないのでは。高齢者自身がスマホを操作する必要もない。利用者の意見を聞いてよりよいものにし、広めていきたい」と意気込んでいる。

【 2017年05月14日 15時30分 】

ニュース写真

  • 歩数計とスマホを使った安否確認システムを説明する登尾さん(右)=精華町南稲八妻・町役場
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      秋篠宮夫妻、チリ到着
      国交120年で公式訪問

      20170927000002

       【サンティアゴ共同】日本との国交樹立120周年を迎えた南米チリと国際親善を深めるため、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      オ2―6日(26日)
      日本ハムが競り勝つ

      20170926000165

       日本ハムは六回に追い付かれたが、七回に大田の適時内野安打で勝ち越し、九回にレアードの適..... [ 記事へ ]

      経済

      ユニー・ファミマ新ポイント検討
      ドンキ店舗での利用も視野

      20170927000005

       ユニー・ファミリーマートホールディングスの高柳浩二社長(65)は26日までに共同通信の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      トルストイらの自筆書簡ずらり 京都外大が展示会

      20170926000133

       世界の歴史上の著名人による自筆資料と著作を集めた展示会「世界の軌跡を未来の英知に」が、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「世界に開かれた京都精華大に」 新学長にウスビ・サコ氏

      20170925000129

       京都精華大は25日、竹宮恵子学長(67)の任期満了に伴う次期学長に、西アフリカ・マリ出..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      複数人の心拍、同時に計測 京大などセンター開発

      20170926000147

       体に装置を付けずに複数人の心拍数を同時に計測できるセンサーを、京都大とパナソニックが共..... [ 記事へ ]